仮想通貨の効率の良い投資方法

2017年11月から2000万を元手に2回目の仮想通貨投資を開始しておりますが、
11月初め頃に開始してから12月18日現在約6000万円近くになっております。

おそらく来月か、遅くとも2月上旬には再度1億円を突破する見込みです。

現在のポジションはかなり数が多くなりますが、
(XVG、XSH、DENT、RPX、CAG、KCS、MTH、VEN、LEND、IXT、CAPP、SUB、MANA、ADA、ZNY、REQ、AE、TRX)

ICO関連は(TokenPay、WCXT、MultiBot、Bankera)

レンディング系は(SFI Coin、AtroxCoin、UcoinCash、HextraCoin、RegalCoin)

以上ですww

改めてみるとむちゃくちゃ多いですね。

この中の大半は2倍~6倍くらいになっていますが、失敗したなと思う通貨もあります。

Bankera(バンクエラ)とリーガルコインです。

まず、バンクエラは銀行系の通貨ですが、こんなクソみたいなICOに140万円ほど入れたのが悔やまれます。
ICOで75億BNKを売る予定が1か月経っても10億BNKくらいしか売れてません。

ICOの期間が長い、広告費に金をかけ過ぎ、アフィ報酬が多い、サービス内容が他社に負けてる。

失敗ICOの典型例ですねwこれ必ずICO割れします。

 

次にレンディング系のリーガルコインですが、これは560万くらい入れてます。

私は食わず嫌いはしないので、嗅覚を頼りに稼げそうなものは胡散臭くても全て投資します。

ビットコネクトを筆頭に、いくつかレンディング系コインは出てますが、ローカルエクスチェンジを持たないという致命的な欠点でリーガルコインは間もなく破綻しそうです。

急ピッチでローカルエクスチェンジを用意しているようですが、まもなく資金が行き詰まり完成前に破綻するでしょう。
ポンジスキームは次から次と新規を獲得していかないと構造上成り立ちません。この破綻は他のレンディング系コインへの教訓になりそうです。

 

仮想通貨の投資において分散投資か集中投資か、よく議論されますが、私は分散投資を好みます。
投資の対象は上場後の大きく値段を下げている通貨、もしくは出遅れ通貨を探します。

出遅れ通貨とは、最近だとNEMが大暴騰した後のリップルや、コインチェックの中で唯一出遅れていたLisk、同時期に上場した通貨が上昇しているのに低空飛行を続けていたXVG等です。

集中投資は当たればいいですが、外れたらヨコヨコどころかマイナスになります。
今の地合いだと、資産を確実に増やすことを優先すべきだと思います。

自分が良いと思って買った通貨でも、値動きが悪ければ切ったほうがいいです。
TenXみたいに、いくら内容が良くても全く上がっていない通貨もあるので。
ALISも動き悪いので切って、VENとREQに入れましたが、すぐに倍になりました。

2016年~2017年の最初の頃と比べて、最近は10倍、100倍に増やすのが難しくなったと聞きますが、私はそうは思いません。

つい先日、0.4円~0.6円で400万枚仕込んだDENTや、1円未満で買い漁っていたXVG、中国の有望通貨RPXなど、数日で数倍になるような銘柄も探せばゴロゴロと転がっています。

情報弱者だと稼げません。

今買うなら、時価総額、発行枚数、競合通貨の現在価格、1日の取引量、TwitterやFacebookの更新頻度と内容など、
最低限ここらへんは調べてから買うようにして下さい。

ネットではイナゴ釣るためのガセネタも多いので、あまり信用せずに最後は自分の判断で納得してから投資をしたほうがいいです。

納得するまでの時間が長いと買い時を失う可能性もありますがw