仮想通貨ポジションの大幅入れ替え

12月20日。
今までの上げ相場から様相が変わってきました。
どの通貨を買っても上がるという生易しい相場ではなくなってきたのかもしれません。

先日投資家として有名なCis氏が仮想通貨の半分を利確したとの話題があがっていましたが、やはりこの異常な相場の過熱ぶりから危機感を持ったのかもしれません。

私は、現在30近い通貨に分散投資していますが、それが幸いしてかこの下げ相場においてもXVGなどの暴騰している通貨のおかげで、さほどマイナスになっていません。

しかし、そろそろポジションを見直す良い機会かと思い今まで長期でホールドしていた通貨を売却し、これから伸びそうな通貨を買い増ししました。

売却したのは、IXT、MANA、ADAの3つです。

IXTを売却した理由はパフォーマンスが悪いからです。
日本人に人気の通貨ですが、いかんせん伸び率が悪い。

これを保有し続けるのは機会損失でしかありません。価格が動き出すまでは他に投資したほうがいいと思いVR/AR通貨のCAPPに回しました。

 

次に、ADAです。
前回、私が億り人になれた時の立役者であり、思い入れの強い通貨ですが時価総額から判断すると伸びてもあと3倍くらいまでかなと思い売却に至りました。

最後にMANAです。
購入してから3倍近く上昇しているので一旦売却です。
しばらくはニュースも無さそうですしね。

ADAとMANAを売却した分で、XVGを買い増ししました。
XVGの保有額は1200万円以上です。

 

XVGは間もなく、レイスプロトコルが実装されます。

匿名系通貨はZcashモネロなどコインチェックに上場している人気通貨もありますが、
このXVGは別格です。

レイスプロトコルによって公開台帳と秘匿台帳を自由に切り替えられるようになります。

また、来年にはアトミックスワップの実装も予定されています。
異なる通貨同士を取引所を介さずに交換できる仕組みですが今までの仮想通貨取引の概念を変えてしまうかもしれません。

 

高い技術力がありながらも、今までの陽の目を見なかったXVGも、ようやく価格の安定した上昇がみられるようになってきました。
ただ、今の価格はまだまだ過小評価されたものです。
レイスや、アトミックスワップによってどのくらいまで上昇してくれるのか今から楽しみです。