【ICO】World Wi-Fiの申し込み方法、将来性について

 

もしかしたら大化けするかもしれないICOが登場しましたのでご紹介します。

 

World Wi-fiホワイトペーパー

 

世界で初めて、無料でWi-fiサービスを提供できるシステムを構築したWorld Wi-Fiです。

 

実は世界人口のうち30%近くは、貧困のため居住用のプロバイダ料金が払えないためネットに接続できない環境にあります。

 

この問題を何とかしようと立ち上がったのがWorld Wi-Fiチームです。

 

無料Wi-Fiを提供する仕組みはこうです。

 


個人のルーター所有者がWorld Wi-Fiのシステムを基にしてオープンなインターネットアクセスネットワークを確立します。

このオープンネットワークを提供した人はWorld Wi-Fiのトークン(WT)を受け取れる。

多くの人々が無料でネットワーク接続ができる。


 

ルーター所有者はWorld Wi-Fiトークン(WT)を貰え、今までネット接続ができなかった人達は、無料でネットワーク接続ができる。

今までにありそうで無かったシステムを構築したのがこのWorld Wi-Fiですw

 

 

このWorld Wi-Fi、現在、海外の大手ICO格付け会社で異常な高評価を連発しています。

 

ICO bench  5点満点中4.4点

 

ICO Ranker    100点満点中97点

 

Track ICO  5点満点中4.6点

 

大手格付け会社3社でこの評価ですが、他の格付け会社でも軒並み満点に近い点数を獲得しています。

 

 

普通に考えれば、無料でWi-Fiを提供することなど本当にできるのか?

どうせ実際に動き出すのは、だいぶ先の話なんだろ?と思いますが、

実は、すでにサービスが進み始めていますww

 

グループ会社でもあるAdrenta、Radius Wi-fiとともに、すでに80を超える都市で14.000のネットワークを開き、100のパートナーを擁し、2017年にはアクセスポイントを784%増加させることに成功しています。

 

ちなみに、こちらがWorld Wi-Fiのロードマップです。

 

2018年4月    ICO終了後に取引所に上場

2018年5月 World Wi-Fiのソフトウェアの完成

2018年6月 World Wi-Fiの世界的な広告展開

2018年8月~ 欧州市場への参入

2019年3月~ 欧州市場におけるさらなるキャンペーン展開。そしてアジア市場への参入表明

2020年~  アジア市場参入、そしてアメリカでのプロジェクト開始と開発。

 

先日、最終調整として、このWorld Wi-Fiのシステムがセキュリティ上問題が無いのかどうか、
外部機関であるカナダのQuantus社に調査を依頼していたようですが、見事にセキュリティテストに合格したようです。

 

後は、本格稼働を待つのみという段階まで来ているようです。

 

World Wi-Fiは本社がシンガポールにありますが、実際にはロシアの事務所がメインのようです。まもなくアメリカにも事務所を構える予定をしています。

 

チームメンバーは私が調べたかぎりでは全員実在する人物でした。

 

パートナー企業

 

CEOのインタビュー動画もあります。

 

私個人の感想としては、このWorld Wi-Fi、既視感があるなと思いました。

 

なんとなく、去年ICOから100倍の価格を達成したモバイルデータ売買をトークン化したDENTを彷彿とさせますね。

そんな事実現できるのか?という思いから多くの人がICO参加を躊躇ったDENTです。

私の過去のブログを見ていた方は知っていると思いますが、このDENTで数千万円の利益を得ることができました。

 

もちろん確実に上がるとは言えませんが、上場時期もG20以降なので地合いのほうも回復しているかもしれません。

私は、Wi-Fiを無料化するという唯一無二の仕組みはけっこう期待しているので1BTCほど入れました。

 

こちらのICOは、まだプレセール段階のためボーナスが大きくなっています。

プレセールは早期終了もあるようです。

World Wi-fiのICOの参加方法は下記を参照下さい。

 


 

World Wi-FiのICO参加方法

 

4月21日以降、一般ICOが始まっています。


ボーナスは徐々に減少していく仕組みとなっています。

5月13日でボーナスは終了ですので早めに購入したほうがお得です。

トークンセールの終了日は5月18日です。

トークンセール期間中にすべての参加者は購入したトークンの枚数を下記の通りに再計算致します。
WeTokenを購入タイミングでレートはBTC>9000ドル、ETH>700ドルの場合、BTC/WeToken と ETH/WeTokenは、トークンセール終了日の翌日にBitfinex取引所の当日レートで再計算されます。
WeTokenを購入タイミングでレートは1 BTC < 9000ドル と 1 ETH < 700 ドルの場合、BTC/WeToken と ETH/WeTokenを1 BTC = 9000ドル と 1 ETH = 700 ドルの固定レートで再計算されます。

 

期間中1ETH、もしくは0.1BTC以上トークンを購入するとWorld Wi-Fi製のアンテナを貰えるようです。

※World Wi-Fiいわく、総務省に技適マークが必要かどうか確認したところ、無線機ではないのでこのアンテナでは必要ないとのことです。

 

 

まずは、こちらのICO参加ページを開いて下さい。

 

ICO参加ページリンク https://en.worldwifi.io/

15%のボーナスがつくようになっています。

 

 

 

 

上記の画像通りに最後に、SignUPを押すと登録のメールアドレスにWorld Wifiからメールが届きます。

そちらのメールのConfirm my accountをクリックして下さい。

これで登録が完了です。

 

次にWorld Wi-Fiトークンの買い方です。

 

イーサリアムかビットコインを選びます。

 

 

イーサリアムで送金の場合、必ずMyetherwalletなどから送って下さい。

ガスリミットは指定はありませんが75000くらいがいいかもしれませんね。

 

ビットコインの場合は取引所からの送金でも大丈夫です。

 

送った金額に応じて、自動計算してトークンが配布されるようです。

 

 

最後にWorld Wi-Fiトークンの情報を掲載しておきます。


通貨名:WT

発行枚数:6億枚

プレセール価格:1WT=約10円(15%のサービスが付くのでプレなら実質8円程度)

ICO期間:3月18日~5月18日


 

World Wi-Fiチーム(従業員数100人以上)

 

World Wi-Fiの追記事項はこちらのページを確認下さい。

 

※全てのICOに当てはまることですが、上場しなかったり、事業計画が頓挫したりという可能性もあります。
価格がICO割れする可能性もあります。
必ず大成功するという保証は無く、私は一切保証できませんので投資は必ず全て自己責任で行って下さい。