日刊SPAの仮想通貨の記事について

 

日刊SPAの3月9日の仮想通貨の記事について書きたいと思います。

記事を転載するわけにはいかないので、日刊SPAの該当記事のリンクを貼るので直接お読み下さい。

 

3月9日の日刊SPAの仮想通貨の記事のリンクはこちら

 

 

三崎優太さんという健康食品関連の会社の社長をやりながら仮想通貨トレードもやっている人に関して
書かれている記事です。

 

三崎さんと言えばフルーツ青汁という商品一つで年商100億を達成したとして話題になっていましたが
仮想通貨でもかなりの額を稼いでいたみたいです。

 

記事を読むと、昨年の大型ICOのQASHに5億円を投資し、最大で50億まで資産が膨らんだようです。

 

QASHと言えば今回の大暴落で60円台まで落ちてしまったので、ICO価格の30円から計算すると、現在は50億から10億円くらいの価値まで目減りしているかもしれません。

 

今度は、まもなく始まるOrbs(オーブス)に投資するために5億円を用意するようです。

この、一つのICOにまとまった金額を投資スタイルは良いか悪いかは別として、かなりの度胸の持ち主だと思いますw

 

私はできるだけ多くの銘柄に投資をし、リスクを分散させる事を心がけてきましたが、
本当の金持ちになるにはこのくらいの胆力が必要なのかもしれませんね。

 

三崎さんの購入予定のOrbsは私もセールに参加するために、一応1000万円分のETHは用意しています。

テレグラムでもセールに関しての情報がなかなか出てこないので、痺れを切らしている状態ですw

 

ちなみに、先日の記事で紹介したENDORのプレセールはギリギリ参加ができました。

よく海外ではこのENDORとOrbsがジャンル違いなのに比較されたりすることもあるのですが、
私は個人的にはENDORのほうに期待しています。

海外での通貨の格付けでもENDORのほうが評価が高いですw

 

去年の相場なら、ENDORやOrbsクラスなら間違いなく上場後20倍以上になっていたのですが、今年はどうなるか全く読めません。

 

今年1月から3月にICOから上場した銘柄の惨状を見ていると、ちょっと心配です。

去年なら10倍以上に間違いなくなっていたような銘柄が悉くICO割れしていますが、本当に上場時期が不運だったとしか言いようがありません。

 

POAやセントラリティという100倍を期待されていた有望銘柄もどんどん値を下げ、まもなくICO価格という所まで来ています。

 

三崎さんの1つのICOに多額の資金を投入する投資スタイルは、去年の相場ならかなり高い確率でハイリターンを得られましたが、今年もそれが通用するかどうか個人的にも注視してきたいと思っていますw

 

私は今年もできるだけ分散投資を心がけ、特に実需系のコインに集中的に投資していこうと思っています。

いくつか有望なコインがあるので、それはまたご紹介していこうと思います。