仮想通貨のお勧め書籍

昨日、子供を抱えた時に右手首を負傷した中村です。

痛みが続いているのでおそらく捻挫かもしれません。

今日はパソコンのマウスを持つと痛みが生じるので、記事を横着させて頂きますw

 

仮想通貨関連の書籍に関してですが、私も今までに数十冊購入しましたが、
今回は特におすすめの3冊をご紹介します。

 

■月間仮想通貨

Amazonリンク

仮想通貨は新しいコインが次々と登場し、情報強者になろうと思うと海外のサイトを見たり、TwitterなどのSNSで情報を集めたりと、いくら時間があっても足りません。

この月間仮想通貨はそういった人には適した雑誌かもしれません。

おそらく仮想通貨に関して鮮度の高い情報を集めようと思うと、現段階ではこの月間仮想通貨以外には選択肢は無いのではないでしょうか。

初心者向けにわかりやすく書かれているので読んでても疲れないですw

ただし、時々Youtuberが宣伝しているような胡散臭い銘柄も紹介していたりするので、あまり盲信しないほうがいいかもしれません。

 

■ICO CROWD

Amazonリンク

かなりお金を掛けた作りの書籍です。

しかし文字だらけで読みにくいですw

人が1度に認識できる文字数はだいたい10文字と言われていますが、ここまで文字が敷き詰められていると読んでて疲れますね。

タイトルの通りICOに焦点を当てた内容です。

どちらかと言うとメジャーなものではなく、少しマニアックなICOを紹介しているので、隠れた有望銘柄を探すには適しています。

ただし、これも通貨の発行会社から広告料を受け取っているのかどうかわかりませんが、一部怪しい通貨が紹介されているので注意は必要です

 

■仮想通貨投資入門

Amazonリンク

似たような本が多いですが、仮想通貨を勉強するならこの1冊で十分かと思います。

初心者から中級者向けの内容で、仮想通貨の取引方法からICO、ウォレット、アービトラージなど幅広い情報が詰め込まれています。

すでにある程度仮想通貨取引を経験している人には少し物足りない内容かもしれませんが、

所々中級者向けの内容も含んでいるので復習の意味で読んでみてもいいかもしれません。

 

 

3冊紹介しましたが、インターネットなどで仮想通貨の情報を自分で調べられる方はわざわざ買う必要も無いでしょうw

 

 

しかし、今日残念なニュースが入ってきましたね。

サイバーエージェントが仮想通貨取引所の運営を断念したようです。

アメブロからの流入を期待していたのですが。

やはり交換業の登録が厳しくなったことが原因の一つのようです。

AbemaTVよりも、よっぽどこちらのほうが将来性あると思うのですが残念な結果です。

Lineのほうも1月から音沙汰が無いので少し心配ですね。

 

嫌なニュースが続きますが相場のほうはアルトコインを中心に順調に回復しているので、市場への影響はさほど無いようです。