匿名系通貨の比較一覧

G20で匿名系通貨の規制が心配されていましたが、どうやら杞憂に終わりそうです。

今後益々需要が高まってくるという予測もあります。

私もTokenPayやZcoin、XSHなどにそれぞれ数百万円単位で投資をしており、その将来性に期待しています。

 

今まではタックスヘイブンを利用しての脱税方法が有名でしたが、
これからは匿名通貨による脱税が主流になってくるのでしょうww

 

今回は匿名系通貨の中でも特に人気のある通貨を掲載致します。

 


Monero
ステルス・アドレスとRingCT(Ring Confidential Transactions)を使用して、トランザクションと財布を匿名で保ちます。新機能を絶えず追加しており人気のある通貨です。

 


DASH
PrivateSend機能があり、コインを匿名で受信者に送信することができます。PrivateSendプロセス中、ダッシュのマスターノードは、ネットワーク上で送信されている他のコインと複数回コインをミックスします。このプロセスは効果的にコインを他のダッシュコインと区別できないようにします。

 


XVG
XVGは、トランザクションのためにIPアドレスを隠すTorを利用して、ブロックチェーンへの接続が匿名であることを確認します。代わりに、別のIPアドレスアノニマイザであるI2Pを使ってトランザクションを送信することもできます。XVGの最も注目の機能はレイスプロトコルです。このプロトコルは、パブリックまたはプライベートのブロックチェーンを自在に変更できるオプションを提供します。

 


Zcash
オープンソースであるZcashは、プライバシーを守ることを最優先に開発されました。ゼロ知識証明の仕組みによって、アドレス、数量、履歴等すべてのトランザクションデータを暗号化することができます。匿名機能はデフォルトで付いてくるのではなく、DASH同様オプションとなります。

 

NAVcoin
匿名のNAVトランザクションはNavTechサブチェーン上で行われます。受信者にトランザクションを直接送信する代わりに、暗号化してサブチェーンに送信します。コインは、多数のサーバーと暗号化レイヤーを含むプールに入ります。

 

Hshare
Hshare のプラットフォームには、黒と白の2種類のウォレットタイプがあります。白い財布は公開されたままで、黒の財布はプライバシーで保護されています。これを実現するために、HshareはZcashで人気のあるゼロ知識証明の仕組みを使用します。

 


PIVX
DashのフォークであるPIVXは、日常使用に焦点を当てた証拠の証拠です。 Zerocoinプロトコルを使用してウォレットに関連付けられたアドレスを非表示にし、トランザクションを匿名化します。Zcashまたはその前身であるDashとは異なり、PIVXはブロックチェイン分析に完全に耐性があり、送信者と受信者のプライバシーを維持します。

 

こちらは機能比較です。

やはり、プライバシー機能で一歩抜けているのはXSH(シールド)ですね。

しかし、優れている=価格が上がるではないのが仮想通貨ですw

残念ながらXSHは日本では人気は高いのですが、海外での知名度は低いんですよね。

 

最近海外で人気が出始めている匿名通貨はTokenPay(TPAY)です。

こちらはまだ日本人が取引できる所に上場していませんので買えませんが
今から注目しておいたほうがいいかと思います。

 

今回載せたもの以外に時価総額低めの100倍を狙えそうな匿名通貨もいくつかありますので、それはまた別の機会にご紹介します。

 



BITPOINT
全ペアの取引手数料が無料
のビットポイント

サッカー日本代表本田選手をイメージキャラクターに起用。24時間365日即時入金可能の今最も勢いのある取引所なので必ず開設しておいて下さい。数%かかる手数料が無料なので後々大きな差が出ます





ブログに掲載できない仮想通貨の情報はLINEのほうで配信(登録者4000人以上) 中村ちゃんねるの登録はこちらから