取引所トークンについて

 

以前当ブログでご紹介したPCHAINですが、本日5月28日の日本時間19時頃から一般セール開始ですのでKYCを通った人は忘れずに必ず購入したほうがいいです。

これ本当に数十倍に上がるポテンシャルがあります。

たぶん即売り切れると思います

最初の2時間は1人0.4ETHまでしか買えないようです。2時間で売り切れていなければ1人追加で9.6ETHまで購入できるとのことです。

おそらく10ETH買えれば将来的に1000万円くらいにはなるでしょうw

 

 

昨日の新興仮想通貨取引所「Fcoin Exchange」ですが記事を配信してから20件近く問い合わせメールが来ていました。

そちらにお答えしたいと思います。

多かったのが「今の時価総額はいくらですか」、「発行枚数は何枚ですか」などです。

 

 

こんなメールも来てました。

時価総額がすでに2700億になっているというものです。

これ間違ってます。

 

こちらをよく見て下さい。

現在の総FTは約1億5千万枚です。

 

1ETHを7万円で計算すると、現在の時価総額は約30億円となります。

 

この30億という数字をどう見るかですが、最近だと30億円くらいであればICOの調達額でもよくある数字なので、現在の価格はそこまで高いとは思えません。

 

ただし、このFTトークンを買ったほうがいいですとは言うつもりはありません。

そもそも私も勧めても1円の見返りもありませんし、それに新興の取引所なのでもしかしたら致命的なトラブルが発生する可能性もありますので。

 

 

個人的には、ここはHuobiの元最高技術責任者が立ち上げた取引所なので、おそらくは技術的な心配は無いかなと思っています。

現在世界2位の規模を誇るHuobiのシステムを構築した人が新たに作り上げた取引所なので、今後大手のメディアや、ブロガー、インフルエンサー達が紹介を始めたら一気に上位の取引所にランクインするかもしれません。

 

もし、Biboxやさらに上のBit-Zクラスまで成長すれば、FTトークンの価値も相当高いところまで上昇するかもしれません。

さすがに、現在の30億という低い時価総額で留まっていることはないでしょうw

 

FTトークンを保有する最大のメリットである、収益からの配当に関してですが、いくつかわかったことがあります。

 

公式テレグラムに100万枚保有していたら、月に1BTCの配当が目安になるという風な事が書かれていますが、実際はどうなんでしょうねww

もしそれが真実ならば、私は27万枚保有なので、トークンを持っているだけで毎月約20万円配当を受けれる事になるのでそう悪くなないかもしれません。

 

2018年6月6日に1回目の配当があるようです。

この時点でFTトークンを保有している人は、5月24日からの収益から、FT保有割合に応じて配当が支払われるとのことです。

 

収益の内の80%を配当ってけっこう大盤振る舞いですよね。

おそらく、この6月6日の数日前から相当な買い圧力が発生すると思われますwww

 

 

今回のFcoin Exchangeとは別に、実は、まもなく6月~7月頃に、他に新しくアジア系、欧州系の取引所が「2つ」動き出すことがわかっています。

 

リークも中村の元に色々入ってきています。

 

この2つの取引所は、私のほうでも色々調べていますが、その情報を見るかぎりでは本当に大化けすると思っています

両方とも、独自トークンを発行することが決定しています。

 

 

その取引所の運営が開始されたらアナウンスするつもりなので、毎日欠かさずに当ブログをチェックしておいたほうがいいかもしれません。

取引所トークンは必ず争奪戦になるので、上手く最初にINできれば本当に100倍を狙える可能性があります。

 

6月、7月はICOも目白押しなので、そちらも当ブログでご紹介するつもりです。

 

私も買いたい銘柄が多すぎて、お金がいくらあっても足りない状態ですww

みなさんも6月~7月のために余力は多めに残しておいたほうがいいかもしれませんw