FcoinとBigOneのその後について

 

なぜかBancorにフォローされている中村ですw

 

取引所トークンのFcoinが、配当前に買い圧が発生すると予想していた通りになりましたね。

 

FcoinExchangeの口座開設方法とFTトークンの購入方法の記事はこちら

 

収益からの配当も貰えて、さらに価格も急激に上昇しています。

 

このFcoinトークンはこれからまだまだ上昇の余地はあると思っていますので、配当を貰いながらホールドし続けるつもりでいます。

 

問い合わせで、配当までに売ってしまったという人から、メールが届いていました。

少し価格が下がっていたから狼狽売りしてしまったとのことです。

これは本当に悪手です。

 

狼狽売りを繰り返している人は、そもそもボラティリティの大きい仮想通貨には向いていないです。

 

今の相場で下手に売り買いを繰り返すとジリ貧になってきます。

下がっても、最低1か月は様子を見たほうがいいです。

 

何度もブログで書いていますが、今の相場で最も期待値が高いのが取引所トークンです。

相場が回復するまでは、そこらへんのよくわからない草コインに手を出すよりも、取引所トークンのまだ時価総額が低めのものを買い漁ったほうがよっぽど資産が増える可能性は高いと思います。

 

個人Capの低いICOに入れるよりも効率はいいかもしれません。

ただし、だいぶ前から当ブログでお勧めしていたAtonomiは個人Cap低かったけど買いましたw

これは将来、時価総額がIOTAレベルになってもおかしくないですw

 

 

当ブログでご紹介していたBigOneのBigトークンもそのうち上がるでしょうから、こちらも私は買ったことを忘れてホールドしています。

仮想通貨全体の市場が大きくなれば、このBigトークンも数倍に上がる可能性は十分にあると思っています。

こちらは配当が無いので魅力はFcoinに劣りますがw

 

BigOneトークンの記事はこちら

 

とにかく、今の相場で「下がったから売る」を繰り返していたら資産が目減りするだけです。

その傾向がある人は、買ったことを忘れてしばらく仮想通貨から離れる気絶投資法をお勧めします。

 

取引所トークンに関しては色々面白いものが出てきているので、また当ブログでご紹介していこうと思ってます。