【配当型取引所トークン】BKEXの口座開設方法とBKKトークンについて

 

今最もお金が集まりハイリターンを得られる可能性が高いのが配当型の取引所トークンです。

Fcoinは上場後すでに40倍近くに上昇しました。

仮想通貨市場からお金が抜け出している中で、FcoinのFTトークンは本日も50%以上の上昇を継続しています。

 

そんな中、ついにFcoinのシステムを模倣した新しい取引所が登場しました。

内容を見るとFcoinよりも配当率は低めです。

 

なぜかSNSでは利益から100%還元と謳われていますが、よく調べると実際には40%~50%といったところですので気を付けたほうがいいです。

こうして見るとFcoinの80%は異常な還元率ですねww

 

Fcoinの口座開設方法の記事はこちら

 

 

BKEXの事前登録人数は6月11日時点で15万人。

現在は30万人を超えているとのことです。

 

正直なところ、私は新手のSCAMかと思っていましたww

しかし中国の掲示板とかを見ていると、たしかにBKEXの話題で盛り上がっているのは間違いないです。

 

私のほうで色々調べたところ、この取引所に関わっているメンバーは意外とマトモでしたww

ベンチャーキャピタルもいくつか接触しているようで、このBKEXもかなり盛り上がるのは間違いないと思われます。

 

では、どのような人間が関わっているかご紹介致します。

Ji Jingyan:創業者兼CEO

中国の初期仮想通貨投資家であり、有名な連続起業家でもあります。

 

Jinxing:共同設立者およびCOO

Huawei Network Performance Optimizationのシニアエンジニア。

 

Robin:共同設立者およびCTO

Baiduの検索広告の開発マネージャー、国内初の鉱石SCプールのCEO

 

他にも中国を代表する企業出身の技術者が数多く参加しています。

 

ただのFcoinのパクリ取引所かと思っていましたが、どうやらこれも早めに仕込んでおけば、ハイリターンを得られる可能性が高そうです。

 

 

独自トークンの販売が始まるのは6月15日からです。

すでに中国人が30万人近く口座開設を済ましているようです。

おそらく一気に価格が上昇するでしょう。

 

6月15日からサービス開始なので、今のうちに口座開設だけはしておいて下さい。

 

KYCの審査がけっこう時間が掛かるようなので、遅くとも本日の夜中くらいまでには口座開設とKYC申請を済ませておいたほうが良さそうです。

 

 

BKEXの口座開設方法

 

BKEXの登録ページはこちら https://www.bkex.com/

 

 

最初に、上の画像の赤四角で囲った箇所を押して下さい。

 

上からメールアドレス、パスワード、パスワード確認を入力。

パスワードは最大20文字までです。

右矢印を右に引っ張りパズルを合わせる。

「押す」と書いた箇所を押すと、メールアドレスに6桁の数字が届くので、そちらを左側に入力する。

チェックを入れ、最後に一番「立即注冊」の箇所をクリックします。

 

これで登録は完了です。

 

次にKYCです。

 

 

パスポートに記載の英語の名前、番号を入力。

パスポートの表面、裏面、そして、「bkex.com」、「今日の日付」を書いた紙とパスポートを持ち自画撮り画像。

これらをアップロードしたら、最後に完了の箇所をクリック。

これでKYC申請が完了です。

 

後は審査を待ちましょう。

資金の引き出しに必要なGoogleの二段階認証は不具合で登録できなくなっていますが、後々修正するようです。

 

 

正直なところ、配当率はFcoinよりもかなり少ないので、FTトークンを売却してまで乗り換えるようなものではないです。

 

しかし、このBKEXは中国でかなり話題になっているので、初発で購入しておけばトークン価値は数倍、数十倍に上がる可能性はありそうです。

BKEXで資金を短期的に増やし、それをFcoinの買い増しに回すというのはアリかなと思います。