【最重要】100倍銘柄と言われるZipper(ZIP)に関して中国人が書いた良記事

 

今日の記事はかなり重要なので必ず最後までお読みください。

 

中国のサイトで上の画像の「Zipper(ZIP)は次の100倍通貨ですか?」という中国人の質問に対して、非常にわかりやすい良記事が投稿されていたのでご紹介します。

 

このZIPに関して、私はよく100倍と書いていますがこれ私が勝手に言ってるわけじゃないんですよねw

中国の記事でZIPが紹介される際、枕詞のように100倍がよく付いているのでそのまま書いているだけです。

本当になるかどうかは私もわかりませんw

 

先日掲載した中国の有名メディアでのZipper(ZIP)が1年で250倍になるとの予想記事も然り。

私が勝手に100倍100倍言ってるわけじゃなくて、この銘柄に関して中国ではそのような紹介のされ方をよくされているわけです。

それだけZipper(ZIP)が中国で注目を集めているということなんでしょう。

 

かつては中国版Ripple(XRP)と言えばWanchain(WAN)でしたが、最近では完全にZipper(ZIP)にお株を奪われた感がありますね。

中国でも最近ではWANはあまり話題にならなくなってきています。

 

では、今回の「Zipperは次の100倍通貨ですか?」という中国人の問いに対しての返答された良記事をご紹介します。

中国語を翻訳ツールで日本語化したので、わかりにくい箇所もあるかもしれませんが、最後まで読めばこのZIPがどのような通貨か十分にわかるはずです。

翻訳し、中村がわかりやすく、まとめた情報ですので少し誤りもあるかもしれませんが、おそらく大きな間違いは無いはずです。

長いので一部を抜粋しています。

 

 

Zhang Jian(Zipper開発メンバー)のチームは金融プロジェクトに関わるブロックチェーン特許を持っています。


彼のチームは中国人民銀行(中国の中央銀行)のブロックチェーンの研究開発を担うチームでもあります。

銀行決済口座システムであり、世界初のFEA金融電子バウチャー融資決済システムを開発しました。

現在ASTRI(香港中国科学アカデミー)との香港の国境を越える貿易と支払いの協力を進めています。

 

さらに、最新のニュースによると、カンボジアの国家指導者はJohn Bell(ZipperのCEO)と会っています。

首脳は、Zipperがカンボジアの企業や金融機関と協力していることを明示しました。
John Bell氏は、Zipper(ZIP)はカンボジアのデジタル資産取引プラットフォームを構築するための支援の提供をする可能性を示唆しました。

 

すでに、ダンファキャピタル、ノードキャピタル、ニルヴァーナキャピタル、FBGなどの大手ベンチャーキャピタルがZipper(ZIP)の将来性に期待し多額の投資を行っています。

 

■ジッパーとは何ですか?

簡単に言えば、金融機関を横断し、多くの国や金融機関を解決し、多くの種類の資産、相互の清算、移転、支払いを行う公的ブロックチェーンです。

1.ジッパーは、異なるチェーン間でメッセージとトランザクションを転送するネットワークです。

2.金融サービスのシームレスな移行を促進するために、世界の金融業界のメッセージの普遍的な基準に従う。

3.世界的な金融コンプライアンスの要件を満たす口座ID KYC検証ノードと監督ノードを導入する。

4.財務データのプライバシー保護の問題を解決する。

 

■ジッパーの背景は何ですか?

銀行業界はリスクを懸念しているため、銀行は元帳を保護するために注意を払わなければならず、変更には非常に面倒な手続きが必要になります。

銀行はセキュリティ、コンプライアンス、技術標準化などのブロックチェーンについては慎重であり、構築しようとしているリンク(関連会社、私設チェーンなど)は接続されていません。

ビジネスのコンプライアンスを前提に、相互接続と相互運用性を達成する必要があります。
これにより、クロスチェーンメッセージングとトランザクション転送が不可避になります。

Zipper(ZIP)はこれらの問題を解決するために開発されています。

 

■なぜZipper(ZIP)はRipple(XRP)を批判したのですか?

Ripple(XRP)は、銀行、企業、取引プラットフォーム向けの世界的な金融決済ソリューションを提供しようとしています。
しかし、これにはいくつかの欠陥があり、金融機関がRippleのシステムを採用するのは非常に困難です。

例えば:

1.金融規制法や規制との互換性がないため、公的金融機関へのアクセスを得ることは困難です。

2.清算を支持せず、金融機関と直接対話できない。

3.メッセージは標準と互換性がなく、プライバシー保護は完全ではなく、ビジネスデータは安全ではありません。

 

Ripple(XRP)の抱える数々の問題を解決するためにZipper(ZIP)は、金融レベルのブロックチェーン・ネットワーク、クロスチェーンのためのコアプロトコル、トランジットサービスを作成し、公共の信用証明書チェーン、プライベート、チェーン、チェーンのアライアンスへのアクセスを可能にしています。

1.法令遵守:国際的な金融規制法令、安全要件、および財務ISOの国際基準を参照してください。

2.金融機関の帳簿帳とブロックチェーンの分散元帳との間の効果的なリンクを確立するために、ブロックチェーンテクノロジーに基づく財務レベルの公的なネットワークプロトコルを確立する。

3.銀行間のクロスチェーン転送を実現し、監督をサポートし、取引の処理効率を満たし、複雑な金融サービスの機関間調整をサポートする。コンプライアンスの見直しを前提として、ユーザーのプライバシー保護要件は完全に満たされています。

 

■なぜ金融機関はZipperを採用しますか?

1、国際取引の清算のコストを削減することができます:

2.より便利な金融資産サービスを提供し、流動性を向上させる。

3.多数の伝統的な簿記および和解プロセスのコストを削減し、効率を向上させる。

4、金融インテリジェンス:ジッパーは、連鎖移動基本的なレベル全体からクロスボーダー銀行振込間の運用レベルを財務活動のシーンの富を提供することができますが、輸出企業、少額決済、サプライチェーン・ファイナンス、承諾を転送します。

Zipper(ZIP)は、ブロックチェーン業界でTCP / IPを作り、他のチェーンと接続できる相互に「チェーン」なネットワークを作りたいと考えています。

実世界のさまざまな資産をデジタル資産に変換し、現実世界とデジタル世界のインターフェースを世界最大のクロスリンクトランジットネットワークにします。

すべての公的ブロックチェーンは、エコロジー開発の必要性と機会が非常に大きいため、ZIPを保有する人は誰でも投資家でも貢献者でもなければなりません。

ZipperをブロックチェーンのTCP / IPに発展させるために一緒に熱心に働く皆だけが、Zipperの生態学的構造をより良くし、投資収益率は高くなります。ジッパーはまた、GitHubからの定期的な返信を含む財務開示を組織しています。

Zipperは当初、共同創造組織として運営されていました。

 

■Zipper(ZIP)の開発ロードマップはどのようになっていますか?

Zipper(ZIP)は2019年Q1までに主要ラインを実装します。

2018年のQ3は同形クロスリンクの開発を完了させます。

2018年Q4では異種クロスリンクの開発を促進し、テストネットワークをリリースします。

このプロセスでは、テストチェーンを起動する方が速いはずです。

Zhang Jian(Zipper開発メンバー)はテクニカルチームに対して非常に厳しい要求を持っていると言われています。

 

 

これで私が翻訳し、まとめた記事は終わりです。

Zipper(ZIP)がどのような通貨はだいたいわかったはずです。

 

他にもZipperのPOS機器に関してやその他色々情報はあるのですが、また小出しするしれませんw

 

とにかく私のほうでも色々調べてはいますが、このZipper(ZIP)は有望な通貨であることは間違いないと思われます。

中国で100倍銘柄と言われるだけのことはあります。

そして、60億円というZIPの時価総額が、現在2兆1千億円のRipple(XRP)の黎明期と同じように語られる理由もわかります。

 

ただしやはり投資なのでリスクは付き物です。

中国の規制一つで電子ゴミに化ける可能性もありますし、どの通貨でも事業が頓挫する可能性はあります。

最近の色々な動きを見ていると、日本人は取引所リスクもそろそろ考えなくてはならない時期にきています。

 

それに、今はビットコイン、アルトコイン共に連日大暴落している最中なのでこのZipper(ZIP)も今後大きく下げる可能性もあるかもしれません。

買い時は私もわからないので、自分で判断して下さい。

そして、リスクを考えながら必ず余裕資金の範囲で投資を行って下さい。

 

私は今の安いうちにどんどん買い増ししていってますがw

 

そろそろZipper(ZIP)は価格のほうも大きく動きそうですね。

FTのほうが一段落すれば、ZIPの新しいニュースも色々と出始めてくるでしょう。

 

最悪な相場の真っただ中ですが、7月のG20以降は一気に上昇して欲しいと願っています。

 

Zipトークンの買えるFcoinの口座開設はこちら