【配当型取引所トークン】CoinealのNEALトークンについて

 

またFcoinと似たシステムの配当型トークンが登場しました。

Coineal取引所のNEALトークンです。

50万人が登録済みの取引所とのことなので、わりとユーザー数は多いほうなのかもしれません。

 

6月30日の13時からサービス開始となっていますが、日本時間だと14時頃になるのでしょうか。

19時30分から開始となりました。

 

 

 

ほぼほぼ内容はFcoinと同じと思っていいかと思います。

サーバーは最近の配当型取引所の中ではマシなほうかと思いますが、今日はかなり重くなっているようです。

 

CoiNealの最大の特徴はマーケティングにかなり力を入れている点でしょうか。

 

MyToken、Cointime、BiShiJieを含む中国のブロックチェーンメディア。

CoinMarketCap、Bitcoins、Global Cryptopress、Coin Turk、nCCN、Cryptogains.fr、Cryptoninjas、NEWS BTC、Cointelegraph、Cryptopotatoなど、20以上のトップの英語サイト、東南アジア10以上のプラットフォームで広告展開しているとのことです。

 

特にMyToken、CoinmarketCap、コインテレグラフは影響力があるので、そこそこ盛り上がるかもしれませんね。

 

ただし中国系の取引所なので積極的にはお勧めできません。

私は少額だけ入れるつもりですが、資金を拘束されたり、損をする可能性もあるかもしれません。

 

では、CoinNealの口座開設方法を説明します。

 

CoiNealの口座開設ページはこちら

※NEALトークン19時30分から販売開始となりました。
サーバーが非常に重たくなっています

 

 

 

 

最初に赤四角で囲ったE-mailのほうをクリックして下さい。

 

メールアドレスを入力し、Send Codeをクリックするとメールが届きます。

そこに記載された情報を入力し、パスワード、パスワード確認を入れて、最後にRedisterをクリックします。

 

登録完了後は、最初に必ずKYCを済ませて下さい。

これを完了していないと報酬が減るだけでなく、出金もできません。

 

私は今日の昼前に登録したばかりなので、KYCがまだ完了ステータスになっていませんが、凍結も覚悟で少額だけ入金しました。

KYCが完了せずに入金すると、最悪、資金が凍結される可能性はあります。

 

Accountページの下記の箇所からKYCを行います。

 

販売開始はおそらくですが日本時間の14時頃からだと思われます。

19時30分から販売開始となりました。

 

取引所トークンブームが少し下火になりつつあるので、どこまで上がるかはわかりませんが、今は他のアルトコインに入れてもダダ下がりなのでとりあえずやってみようと思いますw