去年人気のあった銘柄の現状

去年から仮想通貨投資を行っていた人たちが一度は触ったことがあるかもしれない人気だった草通貨の現状を掲載したいと思います。

どれも界隈で話題になった通貨ばかりです。

 

Nano(旧RaiBlocks)

3800円→130円 (約30分の1)

 

InsureX(IXT)

400円→9円 (約45分の1)

 

XP(XP)

0.6円→0.002円 (約300分の1)

 

OysterPearl(PRL)

500円→6円 (約85分の1)

 

Triggers(TRIG)

1080円→18円 (約75分の1)

 

CAPP(CAPP)

55円→1円 (約55分の1)

 

これは界隈で人気のあった通貨の一例ですが、他のアルトコインも数十分の1~数百分の1と壊滅的なダメージを受けていますね。

再起できるのかどうか、もしかしたら、このまま消えていく通貨も多いかもしれません。

おそらく、将来一握りの通貨しか生き残らないでしょう。

 



BITPOINT
全ペアの取引手数料が無料
のビットポイント

サッカー日本代表本田選手をイメージキャラクターに起用。24時間365日即時入金可能の今最も勢いのある取引所なので必ず開設しておいて下さい。数%かかる手数料が無料なので後々大きな差が出ます





ブログに掲載できない仮想通貨の情報はLINEのほうで配信(登録者4000人以上) 中村ちゃんねるの登録はこちらから