【中村式】短期的、長期的に上がる仮想通貨銘柄の探し方

 

この地合いの中ですが、皆さんも将来どの銘柄が上がることになるのか必死で探し中の事と思います。

私も現在30近い銘柄を仕込んでおり、これらが将来いくらになるのか楽しみにしています。

 

前回3月5日に、保有銘柄を公開しましたが現在は少しだけ変わっています。

BTC、LTC、XRP、ETH、CAPP、XSH、QTUM、NEO、TBAR、HPB、BTO、BNB、KCS、BIX、AGI、SPC、IPL、CHSB

 

これにLDC、CENNZ、ONT、BNTが追加となっています。

ICOには10銘柄ほど投資中です。

関連リンク:【ICO】World Wi-Fiの申し込み方法、将来性について

 

投資額は合計で1億5千万円くらいです。

現在は他にも上がりそうな銘柄を探し中です。

 

今回は上がる仮想通貨の探し方を書きたいと思います。

 

私は株式投資も行っていますが、仮想通貨は株とは全く勝手が違います。

株の場合はファンダメンタルやテクニカルなどの分析によって価格を予測しますが、
正直なところ、仮想通貨ではそれらの分析はそこまで必要は無いと思っています。

私も仮想通貨に関しては、けっこう頭を空っぽにして取引をしていることも多いですw

 

あまり難しく考えず、話題性のある銘柄、熱狂的な信者の多い銘柄をいち早く仕込むといいかもしれません。

 

最近、ノアコイン(NOAH)がHitBTCに上場しましたが、ICO価格から5倍の価格がついています。

このノアコイン、界隈では詐欺認定されていましたが、いざ上場するとこの地合いで5倍をつけるとは想定外です。

同じく詐欺扱いされていたセントラリティ(CENNZ)も上場後10倍程度の価格をつけていました。

 

共通するのは熱狂的な信者が多く、SNSでも良くも悪くも話題に上がっていた銘柄です。

最近の仮想通貨の傾向を見ると、中身がいくら良くてもICO価格割れを起こしたりと、将来性だけで選ぶと損をする場合もあります。

 

この傾向はいつまで続くかはわかりませんが、少なくとも今のような地合いでは中身だけで選ぶと短期的にはかなりマイナスを出す可能性もあります。

 

去年の仮想通貨はどこか牧歌的な所があって、そこが株やFXには無い魅力の一つでもあったのですが、今は通貨も乱立し、変化が激しく情報を追っていくのに必死です。

 

日本のサイトからだけ情報収集をするとどうしても情報が偏ってしまうので、海外のインフルエンサーのTwitterやFacebook、Bitcointalkなどもフル活用し情報収集をして下さい。

 

仮想通貨取引は心理戦でもあります。

買い煽り、売り煽り、ネガティブキャンペーンなどSNSや掲示板上でも様々な思惑が交錯しています。

それらに惑わされることなく、幅広い知識を集めて情報戦、心理戦に勝つ必要があります。

 

短期銘柄としては話題性のある通貨を集め、長期銘柄としては将来性のある通貨を探していくといいかもしれません。

 



ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
今なら口座開設だけで必ず3000円貰えます。
仮想通貨から入出金対応、レバレッジ最大888倍、追証無しゼロカットシステム、為替、株式指数、先物CFD、金銀、原油、仮想通貨(BTC,ETH,XRP)など同一プラットフォーム上で全て投資が可能、スプレッドが狭い、取引シグナルの無料配信がある、手数料最安値、迅速入出金