仮想通貨のホワイトペーパーの翻訳方法

 

ホワイトペーパーは株式投資の目論見書と同じで、その会社を知る一番の材料だと思っています。

中には会社の財務状況などの情報を載せているホワイトペーパーもあるので
投資するか否か判断する上でとても重要な材料になります。

 

意外とホワイトペーパーを読まずに投資をしている人も多いようですが、本当に仮想通貨で稼いでいる人たちはホワイトペーパーだけでなくGithubのコミット数なども調べたうえで投資をしています。

※コミット数とはGithubの更新回数です。これが多いほど積極的に開発が進んでいるということになります。

 

多くのホワイトペーパーは英語で書かれていて読めない人がほとんどかもしれません

 

そこで今回はホワイトペーパーの日本語化方法をご紹介します。

 

今回は例としてWorld Wi-Fiのホワイトペーパーを使います。

 

OSの種類のよっても変わりますが、公式サイトからホワイトペーパーのPDFファイルを開いたら、
下矢印のマークがついている箇所を押すとファイルをダウンロードができます。

 

次にonlinedoctranslatorという翻訳ツールでPDFを日本語化するのですが、一度に翻訳できる容量は大きくありません。

このWorld Wi-Fiのホワイトペーパーは43ページありますが、一度に翻訳できるのはおそらく4ページくらいなのでPDFファイルを分割します。

PDFファイルの分割は下記のサイトからWEB上で行うことができます。

 

https://www.ilovepdf.com/ja/

 

PDFファイルをアップロードします

 

最初に何ページずつ分割するか数字を入力していきます。

範囲の追加ボタンを押せば、分割域を増やすことができます。

最後にPDF分割のボタンをクリック

 

上記の方法だと、このような3つのPDFが作成されました。

 

次にonlinedoctranslatorというサイトで翻訳をかけます。

 

onlinedoctranslator翻訳サイトリンク

 

 

ページを少し下に下げ、上記の「今翻訳する」の箇所をクリックして、先ほど分割したファイルをアップロードします。

 

 

アップロードが終えたら「翻訳する」の箇所をクリック

 

 

「翻訳された文書をダウンロード」の箇所をクリックしてPDFをダウンロードします

 

 

 

これでPDFファイルの日本語化が完了です。

 

 

最近のホワイトペーパーでは暗号化されているものもあり、こういったPDFファイルは上記の方法では翻訳できない場合があります。

その場合は1つ作業が増えますが、OCRをかけてから、そのファイルを使って上記の方法で翻訳をかけます。

 

OCRをフリーで行えるサイトは下記となります。

 

http://www.free-online-ocr.com/

 

 

 

少し手間はかかりますが、仮想通貨で本気で稼ぎたいならホワイトペーパーは必ず目を通すように習慣付けたほうがいいかと思います。

 



ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
今なら口座開設だけで必ず3000円貰えます。
仮想通貨から入出金対応、レバレッジ最大888倍、追証無しゼロカットシステム、為替、株式指数、先物CFD、金銀、原油、仮想通貨(BTC,ETH,XRP)など同一プラットフォーム上で全て投資が可能、スプレッドが狭い、取引シグナルの無料配信がある、手数料最安値、迅速入出金