【Bibox取引所トークン】BIXの配当アップの件について

 

FcoinのFTトークンに触発されたのかはわかりませんが、昨日BiboxのBIXトークンの配当が大きくアップしました。

収益の45%~最大で67.5%の間で配当を行うようです。

 

Biboxの取引所規模は300を超える取引所の中で、20位前後の取引高を誇っています。

これはすでにKucoinよりも上の規模です。

 

取引所トークンであるBIXトークンですが、こちらは時価総額は170億円ほどで、全体の89位です。

 

 

収益から45%以上の配当というのは、配当型取引所トークンの中ではかなり高いほうです。

さすがにFcoinの80%と比べると見劣りしますが、一般的には10%~20%が相場なので相当頑張っている数字だと思います。

 

実際に昨日、この配当アップの情報が流れてからBIXトークンの価格が少しずつ上昇を始めています。

 

おそらく、このスローペースの上がり方を見ると、まだ配当アップのニュース知らない人も多いんでしょうね。

 

毎週金曜日の午後17時(GMT + 8)の時点でのBIXの保有割合に応じて分配されるようです。

ちなみに、私のBIXトークンの保有枚数は約3万枚(500万円)くらいです。

 

Biboxは人気のある取引所なので、手数料もかなり稼いでいるのでそこそこの配当にはなりそうです。

 

ただし、内容は本当にFcoinの劣化版ですね。

 

Fcoinの保有枚数は現在は約26万3千枚(1400万)ですが、昨日の配当は約60万円、本日の配当が35万円程度です。

毎日数十万円の配当があるので、もうこれは別格ですね。

この配当だけで生活できそうです。

 

まるで去年ブームになったレンディング系を思い出します。

私もビットコネクト(BCC)、リーガルコイン(REC)、他HYIP案件は色々やりましたw

 

今は亡きビットコネクト(BCC)が、昨年11月頃に時価総額3000億円まで到達していましたがあれを彷彿とさせますww

FTトークンの時価総額は現在まだ110億円程度なので伸びしろは結構ありそうですね。

 

ただし、ビットコネクトの事例からも1つに集中投資は危険です。

私も配当型のトークンはいくつか分散させています。

 

BIXトークンもかなり配当率が高いほうなので、リスクヘッジとして買っておいてもいいと思います。

 

 

■FTトークンの買えるFcoinの口座開設こちら Fcoin(https://www.fcoin.com/)

 

 

■BIXの買えるBiboxの口座開設こちらをクリック Bibox(https://www.bibox.com/)
メールアドレスだけで簡単に開設できます

 

 


BITPOINT
全ペア取引手数料が無料のビットポイント
本田選手をイメージキャラクターに起用
11月30日までビットコインを3000円分貰える開設キャンペーンとなっています。
取引所の中でも特にセキュリティに力を入れているので必ず開設しておいて下さい。
数%かかる取引手数料が無料なので他の取引所と大きな差が出ます