ソニーのICカード型ハードウェアウォレット

 

ソニーの研究開発部門であるソニー・コンピュータ・サイエンス・ラボラトリーズが非接触型ICカード暗号化ハードウェア・ウォレットを作成したと発表しました。

 

 ソニー・コンピュータ・サイエンス・ラボラトリーズの公式サイトはこちら

 

ソニーと言えば非接触ICカード技術方式「FeliCa」が有名ですが、その技術を応用して仮想通貨のハードウェアウォレットを完成させました。

ハードウェアウォレットは秘密鍵を暗号化してオフラインで保管することにより、ハッカーなどからユーザーを保護する点が特徴です。

 

既存メーカーで言えばLedgerやTrezorが有名ですが、ソニーのICカードウォレットはUSB経由でPCに接続する必要は無く、NFC対応デバイスを介してトランザクションを実行できる機能である「非接触型」であり、改ざん防止モジュールは、カード内の秘密鍵を安全に生成し格納しています。

ICカードなので、軽量、コンパクトで文字通り財布の中にハードウェアウォレットを保管しておくこともできますw

 

こちらの画像はソニーのサイトに掲載されていたものですが、BTCやETH、XRPなどの名称もしっかりと載っています。

ソニーから、暗号化ハードウェアウォレットの名称や発売日についての具体的な発表はありませんでしたが、製品の商用化に向けて前進しているとのことです。

 

世界的にも有名な企業がこの業界に参入してくるというのはとても明るいニュースですね。

昨日のコインチェックのサービス再開のニュースなど好材料が続いています。

相場の方は相変わらず軟調ですが、こういった明るいニュースの積み重ねによって、来年には活気が戻って欲しいなと思っています。

 


世界47か国同時展開次世代高配当ウォレット「SBLOCK」
たった3日ですでに登録者100万人越え。詳細は上のバナーをクリックして記事をお読みください




ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。