Fcoinがサービス開始したFcoinJPについて

 

Fcoinが日本に上陸しFcoinJPという名称でサービスを開始しています

FTトークンではなく、FJトークンの取引が始まっています。

私はまだ買っていませんw

最初はUSDT建ての取引のみのようです

ログインID、PASSはFcoinのものがそのまま使えるようです。

 

コインテレグラフや色々なメディアで宣伝されていますが、けっこう大きめの広告予算が取られているみたいですね。

今回のFcoinJPは私も入り時を探ってはいましたが、なんとなく失敗しそうな感じがしています。

 

これはホワイトペーパーから抜粋した記事ですが、今回のFcoinJPはFcoinだけでなく、日本のFWingという組織が運営するようです。

基本的には以前のFcoinと同じシステムだと思って頂いて大丈夫です。

FCoinJPの収益の80%はFJトークンの保有者に毎日割り当てられるとのことです。

 

こちらがサービス開始時から本日の値動きです。

一時は1FJ10円近くまで高騰していましたが、現在は3円程度でほとんどBOTしか売買していない状況です。

 

正直なところ取引マイニング系のトークンは旬を過ぎており、界隈でもほとんど話題になっていません。

結局は新規が入ってこないと成り立たないシステムのため、BOTしか取引していないこの状況だと今まで失敗してきた他の取引マイニング系と同じ道を辿りそうです。

 

あと1点懸念点もあります。

Withdraw(出金)ボタンが無い点です。

これはマズイですね。

去年秋頃ブームになったレンディング系通貨でこれは何度も見てきましたが、怪しくて新規が入ってきにくいです。

Withdrawボタンを無くして出金させないようにするのは百害あって一利なしです。

本家Fcoinも以前の勢いを失っている状況なので、FcoinJPはちょっとリスキーかなと思っています。

 

アフィ導入によって宣伝効果で人が増えればまた別の結果になるかもしれませんが、今の状況だと少し厳しいかなという気がします。

 

今あえてリスクを取って取引マイニング系に手を出すよりかは、正統派の取引所トークンを購入したほうがまだ期待値は高いでしょう。

 

世界初のナスダックテクノロジーを用いたDX.Exchangeのサービスが間もなく開始となります。

 

ナスダックDX.Exchangeの口座開設方法の記事はこちら

 

DXトークンはプライベートセールでも非常に盛り上がっていましたが、買いたくても買えなかった人が多かった通貨です。

こちらは世界的にも話題になっており、機関投資家向けのサービスも行っていく予定のようなので注目しておいて下さい。

 


BITPOINT
全ペア取引手数料が無料のビットポイント
本田選手をイメージキャラクターに起用
11月30日までビットコインを3000円分貰える開設キャンペーンとなっています。
取引所の中でも特にセキュリティに力を入れているので必ず開設しておいて下さい。
数%かかる取引手数料が無料なので他の取引所と大きな差が出ます