財務省が仮想通貨の課税漏れ対策を強化した件

 

財務省が課税逃れを防ぐための対策を強化したらしいですww

55%の税金に関しては改めるつもりはなく、とにかく1円でも多く搾り取る方向で動き始めています

 

今年は仮想通貨取引によって大半の人たちが大損しているのを財務省も知っているはずですが、そんな事は関係ないと言わんばかりに仮想通貨交換業者に取引した個人の情報を照会できる仕組みを整える方向で話が進んでいるようです。

日本の仮想通貨取引所の中だけでNEMを買ったりXRPを買ったり、BTCを買ったりと繰り返している人は言い逃れをできないでしょう。

 

ただし海外の口座に関してはどうやって調べるのか疑問です。

KYCをしていなければ仮にトランザクションを追跡されたところで証拠を掴む事は難しいのではと思っています。

本人がGOXしたと言えばそこまででしょう。

 

結局は性善説に基づいて自主的に申告をさせるのが一番で、その為には税率を20%にするべきだと思っています。

 

日本の場合はただでさえ高い税率に加えて、仮想通貨同士の取引でも税金が発生するというよくわからない仕組みのため、気付いたらとんでもない額の税金を支払うことになっていたという人も数多く出てくるはずです。

 

仮想通貨は上げ相場でも下げ相場でも利益を出せるFX以外は現状資産を増やすことが難しく、将来性に期待して含み損を抱えながらも色々な通貨を買っているわけですが、税金を払うために今保有している通貨を売らなくてはならないという状況が発生することもありそうです。

仮想通貨FXですら税金45%なので、いくら資産が増えても大半を税金で取られてしまうというのが現状です。

 

このような状況の中、仮想通貨の課税漏れ対策を強化というのは本当に酷な話ですねw

多くの人が仮想通貨取引から税金が安く稼ぎやすい株やFXに流れてしまっているというのもやむを得ないかなと思っています。

 

あと2か月で2018年も終わりとなりますが、そろそろ税金計算を始めてもいい時期になってきているので、額が大きい人は税理士などにご相談下さい。

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能