Binance(バイナンス)のDEXが間もなく始動

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のDEX(分散型取引所)が2019年初頭からサービス開始となります。

 

DEXのメリットとしてはユーザーデータが複数のデータポイントに分散されているため、中央集中型の仮想通貨取引所と比べてセキュリティ上の利点があります。

その他大きな特徴としては下記があります。

  • ユーザー自身が資金の保管しており、取引所のウォレットに仮想通貨を残す必要はありません
  • ユーザーは匿名性を保持することができ、ほとんどの集中型取引所で必要なKYCを行う必要はありません。
  • 取引手数料は一般にガス料金に依存し、取引所の手数料ビジネスに制御されるものではありません。

 

上がBinance(バイナンス)のDEX、下がBancor(バンコール)のDEXです。

今までの中央集権型の取引所と大きくは変わらないデザインでBancorと比べるととても洗練されたものとなっています。

 

DEXを使ったことがある人は経験があると思いますが、価格のスリップ、流動性の欠如、およびユーザーエクスペリエンスの低さなど、色々な問題から結局は中央集権型取引所に戻る傾向があります。

私もIDEXなどそこでしか購入できない通貨は購入するためにやむを得ず使っていますが、手間が掛かるので極力使いたくないなというのが本音でした。

Binanceはユーザエクスペリエンスや、ユーザインタフェースが現行のBinance取引所と遜色ないものを提供するとのことで、今まで敷居が高いからとDEXの利用を躊躇していた層も取り込んでいくようです。

 

最後に実際のBinance DEXのログインから取引までを詳細に解説した動画を残しておきます。

 

DEXの最大の利点はやはり匿名性です。

これが流行ってしまうと、税務署も苦労しそうですねw

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能