【重要】次に仮想通貨バブルが起きるタイミング

直近では、2019年2月末のETFの可否判断が仮想通貨市場への資金流入が期待できる最大のイベントであるのは間違いありません。

しかし、これは過度な期待は禁物でどちらかというと否認の可能性のほうが高いと言われています。

 

2018年はほぼ全ての仮想通貨が大暴落によって90%以上価格を下げ、アルトコインは数十分の1、数百分の1という所まで値を下げました。

ビットコインが誕生して10年ですが、その中で最悪な相場だったのが2018年と言っても過言ではありません。

去年の1年間でここまで下がりきると、少なくとも今年は去年のような最悪な相場は無いと思っています。

 

では、次に仮想通貨バブルが再び起きるタイミングはいつなのか?

おそらく2020年5月頃からかなと思っています。

 

よく勉強している方なら知っていると思いますが、2020年はビットコインの次の半減期のタイミングとなりますがその時期は5月頃になるのではと言われています。

仮想通貨の半減期を知らない人のために簡単に解説すると総発行枚数が決まっている仮想通貨は、特定のタイミングでマイニングできる量や採掘量が減るように調整されますがこれを半減期と呼びます。

市場に新規に流入する仮想通貨の量が減少するため、半減期のタイミングでは一般的に通貨の価格が大きく上昇します。

 

4年毎のサイクルで行われるビットコインの半減期ですが、2012年と2016年の半減期が行われた後にBTC価格の史上最高値の更新が起きており、ビットコインの価格の大きな上昇が歴史的に証明されています。

今年は緩やかに仮想通貨の価格は上昇に向かうのではないかと予想していますが、次に2017年のような大きな仮想通貨バブルが訪れる可能性があるのは2月のETF可否判断(過度な期待は禁物)、そして2020年の5月のビットコインの次の半減期。

 

少なくとも、もう去年のような最悪な相場からは脱した感もありますので、ここまで下がり切ったら後は上がるだけでしょう。

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能