【2019年】口座開設をお勧めの国内仮想通貨取引所ランキング

 

最近、国内の取引所でどこがお勧めですか?という問い合わせを多く頂くため、私が利用している国内取引所を評価し簡単にランキング形式にしました。

 

■1位 bitbank(ビットバンク)

取引高に関して国内トップだったビットフライヤーを昨年夏ごろに抜き去り、現在は日本国内の仮想通貨取引所の中で最大規模の取引所となっています。

皆さんは仮想通貨から円に換える時に、出来高の少ない取引所で取引を行っていないでしょうか?

それだけで数%の差が出ることがあります。

ビットバンクはセキュリティに関しての調査でもコールドウォレット保管、マルチシグ採用と他よりも高い評価を受けています。

必ず口座開設を済ませておいてください。

 

bitbank(ビットバンク)の口座開設ページはこちら

 

■2位 Liquid(リキッド)

QuoineからLiquidに名称変更となりました。

スプレッドに関しては間違いなく国内の仮想通貨取引所で最も狭いです。

また国内の仮想通貨取引所では最大のレバレッジ25倍での取引が可能なため、小資金の方が大きく増やすには適した取引所となっています。

現在、QASHというLiquidの独自トークンをホールドしておくだけで最大5万円分のXRPを貰えるキャンペーンを行っています。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

 

Liquid(リキッド)の口座開設ページはこちら

 

■3位 BitPoint(ビットポイント)

最もお勧めな点は唯一MT4が使えるという点です。

EAなどを使って取引が可能となるため、他よりも優位性があります。

また取引手数料(現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFX)が全て無料という他には無い独自のサービスを行っています。

スプレッドが若干広めな点がマイナスポイントですが、他の国内取引所よりも独自性が高く口座を開設しておいて損は無いと思います。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

 

BitPoint(ビットポイント)の口座開設ページはこちら

 

■4位 Fisco(フィスコ)

知名度の高い取引所ではありませんが、Zaifを買収したことで大きな話題となりました。

以前は大きな遅延、スプレッドの広さ、手数料の高さなど、他の取引所と比べても劣っている部分が目についていましたが最近は大きく改善してきています。

BTC・BCH・MONA・FSCC・CICC・NCXCの6種類の通貨を取り扱っており、取引所の独自トークンであるFSCC・CICC・NCXCの3種類を取り扱っているところも非常にユニークです。

テックビューロからZaifがフィスコへと移管しましたが、今年は大きく事業展開を見せてくる可能性もあるので注目しています。

 

Fisco(フィスコ)の口座開設ページはこちら

 

■5位 GMOコイン

私は口座開設をしておりますが、正直なところ積極的にはお勧めできません。

スプレッドも普通、手数料も普通、レバレッジが最大10倍、その他もあまり大きな特徴がありません。

他に口座を持っているならば、あえて口座開設をしておくメリットは多くはないのかなと思います。

ただし、iphoneやandroidで使える専用アプリは意外と優れており、FXの取引所で培ったノウハウが数多く採用されています。

スマホでの取引が多い方にはお勧めの取引所です。

 

GMOコインの口座開設ページはこちら

 

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能