【重要】中村オフショア倶楽部LINE始動

知っている人は知っているかもしれませんが、最近フィリピンの永住権取得に関して日本の色々なところでセミナーが開かれています。

400万円弱くらい手数料を払うことによってフィリピンの永住権を取得できるため、ニュージーランドなどの1600万円くらいと比較して割安ですというような話です。

 

他にもタイやマレーシア、モンゴルあたりの国で銀行口座を開設しませんか?というような話も増えてきていますね。

中には仮想通貨を絡めたようなプロジェクトもありますが、正直胡散臭いですw

 

かつては租税回避としてはケイマン、バミューダ、ヴァージンなどが有名でした。

パナマ文書の流出によって鳥山明氏や鳩山由紀夫氏他、日本だけでなく世界中の資産家や企業がこれらの国を税金逃れに利用していた事が明るみとなった事は記憶に新しいと思います。

もちろん時効なので彼らは一切罰則も無く、追徴課税もありません。

 

2017年にスタートとなったOECDが定めたCRS制度によって、かつて税金逃れに利用されていたヴァージン諸島、マン島、ケイマンなどのオフショア国は現在は全く使い物にならなくなっています。

具体的に話すとCRS(Common Reporting Standard:共通報告基準)とは、世界中の銀行口座情報が自動的に交換される仕組みで、2017年からスタートしており、今まで租税回避地として利用されていた国の銀行口座情報も、今後自動的に日本の税務当局に情報が流れるようになっています。

 

そこで出てきたのが、上記のフィリピンやいくつかの仮想通貨を絡めたプロジェクトです。

私もいくつか概要は知っていますが、はっきり言ってこういった新規のプロジェクトに何十万、何百万とお金を払うのはやめたほうがいいかと思います。

サービス開始前に頓挫する可能性もあるだけでなく、途上国の歴史の浅い銀行は皆さんが思っている以上にけっこう潰れています。

 

今から10年くらい前、当時日本人に大人気だった天然ガスで盛り上がっていたアゼルバイジャンの新興の銀行もたった5年くらいで潰れました。

 

当ブログを以前から読んでいる人は知っていると思いますが、私は世界中の株式市場に投資を行ってきており、様々な国に銀行口座や証券口座を開設しに行った経験があるため、色々と面白い話は知っています。

そういった情報を色々提供するために、今回「中村オフショア倶楽部」というLINEを立ち上げました。

 

今までの経験からの面白い話や、先ほどのフィリピンの永住権のように今どういったものが紹介され、それは実際のところはどうなのか?などブログには書けない裏話をLINE限定で配信していこうと思っています。

 

読み物として楽しむというくらいのスタンスで登録頂ければ幸いです。

 

インターネットで調べて出てくるような安っぽい情報は紹介するつもりは一切ありません。

例のパナマ文書に関しても色々と裏話を知っているのでそういったものも書いていこうと思っています。

 

募集は1000人程度で締め切る予定ですので、お早めにご登録下さい。

定員に達した後は追加募集は二度とありません。

 

中村オフショア倶楽部LINE登録はこちらから

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能