開発が夜逃げをしたプロジェクトを調べるツール「Dead Coins」

 

「Dead Coins」

草コインを購入するときに活用できる便利なツールです。

そのプロジェクトがまだ生きているのかどうか、SNSなどの更新が止まり、すでに解散しているプロジェクトでないかどうかを簡単に調べることができます。

数百種類の終わった通貨がリストに登録されています。

Dead Coinsのサイトはこちらから

 

会員登録をしなくても利用することができます。

 

使い方はさほど難しくはありません。

「Search Entries」に通貨名を入れて、Searchボタンを押すか、赤四角で囲んだ場所のABC~の箇所から、該当の通貨名の頭文字から検索するか2つの方法があります。

 

ざっと計算したところ、500種類近くの全く活動していない終わったプロジェクトが掲載されています。

 

私が投資していた通貨でも「Regal Coin」、「HextraCoin」、他適当に少額購入していたいくつかの通貨はリストに入っていました。

新しいDead Coinは随時追加されていくということなので活用下さい。

 

しかし、仮想通貨のプロジェクトのこの頓挫率は異常ですね。

例えば、日本の株式市場の上場廃止率はせいぜい年間2%程度ですが、仮想通貨は体感的には2分の1~3分の1位が消えていっているイメージがあります。

そう考えるとけっこうリスキーな投資であるとは言えますね。

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。