Facebookの仮想通貨市場参入の件

Facebookの仮想通貨市場参入の話が浮上してきました。

2019年の前半に独自の仮想通貨を発行するかもしれないという話です。

すでにFacebook社は社内にブロックチェーングループを立ち上げ、そこで40人以上の技術者たちが独自の仮想通貨の開発を行っているとのことです

 

 

開発している仮想通貨はWhatsApp向けとなり、ユーザー同士がFacebookの独自仮想通貨による送金を行えるようになるとのことで、これが実現すればBitcoinと立場が入れ替わるのでは?という話も出始めてきています。

Facebookは世界で約22億人のユーザーを抱え、世界で最も多くの人に使われているSNSとなります。

そして、Whatsappは知らない人もいるかもしれませんが、LINEのようなメッセージアプリで2014年からFacebook傘下に入っており、月刊アクティブ数は約15億人とメッセージアプリとしては世界最大のユーザー数を持っており、特にインドやヨーロッパ諸国で圧倒的な支持を得ています。

さすがに、この人数のユーザーが日常的にFacebookの独自通貨を利用するなら、送金機能を特徴とする他の仮想通貨は需要が大きく低下するかもしれません。

 

今回のWhatsappの仮想通貨による送金は、特にインド市場を意識しており、インドの年間約7兆円とも言われる外貨取引をターゲットにしているようで、この独自の仮想通貨を用いることによって、もっと安くスムーズに送金できるようにして需要を取り込んでいくつもりのようです。

 

また、これは事実かどうかはわかりませんが、Facebookが仮想通貨の取引所も立ち上げるというような話も出ているようで、これが事実ならGAFAの1社である時価総額50兆円企業が仮想通貨市場に参入というのは非常にインパクトが強く、市場の活性化に繋がる可能性があります。

 

今月は運用資産300兆円のフィデリティも仮想通貨のサービスを開始予定となっていますが明るいニュースが立て続けに発表されており、そろそろ仮想通貨の価格も大きく上がり始めても良い頃合いかなと思っていますw

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能