GW中の気になる仮想通貨ニュースまとめ

特に仮想通貨市場に影響を及ぼしそうな最近のニュースのまとめです。

  • BitfinexがNYの司法長官から追訴
  • コインベース2018年の収入は予想より60%低い
  • Andreessen HorowitzがCryptoに10億ドルを投資する予定

  • ErisXが取引プラットフォームを立ち上げようとしている
  • Nasdaqがビットコイン取引をテスト
  • サムスンが独自のブロックチェーンを開発
  • NikeがCryptoKicksの商標を登録する
  • ソシエテジェネラルがセキュリティトークンとして最初のカバードボンドを発行
  • インドが仮想通貨の全面禁止を検討

どれもこれも非常に大きなニュースばかりです。

個人的に特に気になるのはやはりBitfinexがTeatherを私的流用していた点でしょうか。

ここ数日以内にわかった事は、TeatherのUSDTは100%フィアットの裏付けがあるわけではなく、具体的には74パーセント分しか無く、残り26%はその他資産によって裏付けがあるとの事ですが真偽は不明です。

これだけ何度も問題を起こすようだと、他にもステーブルコインはいくらでもあるのでBitfinexとTeatherは早く潰れたほうが仮想通貨市場のためにはなるのかなと思っています。

 

他に気になるのはパートナー企業同士でもあるNasdaqとErisXが仮想通貨市場への本格参入に向けていよいよ動き出した点です。

巨大なプレイヤー2社のニュースはTeather問題で霞んでしまっていますが、非常に大きなファンダで、機関投資家の参入を促す可能性があります。

ロスチャイルド系のフランス大手銀行ソシエテジェネラルがイーサリアムブロックチェーンを使ってセキュリティトークンを発行した点も注目ですが、これはまた後日記事にしたいと思います。

 

GW中も非常に大きなニュースが続いていますが、とりあえずテザー問題が足枷になっているのは間違いないので、早く解決してもらいたいところです。

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能