WHOの発表と仮想通貨市場への影響に関して

株式市場だけでなく、仮想通貨市場も酷い状況ですね、、、、

今年になってから大きく上がっていた分が全戻しの状況です。

私もBTCに関しては長期目線でホールドしていますが、海外株式市場での投資は一旦利確のほうも進めています。

利益が出ているので一旦利確し、また下がり切ったタイミングで再投資したほうが気持ちのほうも楽なので、しばらくは相場から離れるかもしれません。

 

EAのほうも止まっているものも多く、今回のコロナの影響で市場が大混乱となっています。

今は積極的な投資は避けたほうがいいでしょう。

 

今年は半減期で仮想通貨市場も盛り上がるかと思っていましたが、まさかコロナの影響が仮想通貨市場にまで及ぶとは想定外でした、、、

おそらく株式投資の損失補填や、当面の生活資金を工面するために売っている人もいるのでしょう。

 

今できることは資産を守ることであり、リスクを取って攻めの投資を行うのはギャンブル要素が強くお勧めはできません。

投資予算がわずかしか無い人は、ワンチャン狙ってこの相場で売りで稼ぐというのもアリかもしれませんが、、

 

本日、WHOがパンデミックを表明しましたが、今後世界的な景気後退(リセッション)入りは回避できないでしょう。

既に日本でもコロナの影響で、個人消費が2月~5月の間だけで4兆円近く減るとの試算も出ています。

 

推移を見ながら、私は守りの投資に関しても勉強していきたいと思います。

 

 

 


台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
現在USDT1000ドル以上か、BTC1500ドル以上レンディングしている人全員に、数万円相当の仮想通貨デビットカードが無料配布中


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。