スタートアップに投資して稼ぐ方法

IPOで資産を増やした投資家は数多くいると思います。

公募価格で買って初値で売るという方法であれば、トレードに自信の無い人でも資産を増やすことが簡単にできました。

ただし申し込み数の増加から当選確率は低く、宝くじのような状態になっています。

 

ここ数年エンジェル投資家という言葉がよく話題になっています。

起業して間もない企業に出資する投資家のことですが、IPOよりもさらに高いリターンを得る事ができる可能性もあり、最近注目されています。

事業が上手くまわり会社が大きくなれば数十億、数百億のお金を手にすることができるかもしれません。

 

では、どのように出資したらいいのか。

英語ができる人ならば、直接企業にメールなどで連絡を取る方法で問題ありません。

出資というと数千万円、あるいは数億というイメージがあるかもしれませんが、途上国であれば日本円で数十万円、数百万円でも十分な投資額だったりします。

 

特に最近、アフリカ市場のベンチャーへの投資が日本からも盛んになっていますが、注目されている企業を載せておきます。

 

ナイジェリア

クレジットサービス Indicina

不動産プラットフォーム Seso Global

物流スタートアップ MVXchange

教育金融プラットフォーム Schoolable

eヘルススタートアップ Lifestores

トレーニングおよび採用企業 Decagon

商品プラットフォーム TradeBuza

マーケティングサービス Termii

nvesttechプラットフォーム Bamboo

 

ケニア

自動車メーカー資金提供を受けた メビウスモーターズ

健康プラットフォームを接続 Afya

接続スタートアップ ココネットワークス

音楽プラットフォーム Mdundo

コマースプラットフォーム Sky.Garden

デジタルカウンセリングサービス Wazi

及び決済プラットフォーム ボヤ

 

 


ファイルコインマイニングにおいてトップの採掘率を誇る先河系統
その先河系統の高利回りファイルコインマイニングのサービスはこちらをクリック




PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。