DeFiが銀行のキラーアプリになる可能性

分散型金融(DeFi)は特にイーサリアムでブロックチェーンの上に構築された金融アプリケーションのエコシステムであり、サードパーティや仲介者なしで動作します。
その市場規模は2020年に50億ドルと大幅に成長し、現在、金融セクターで最も急成長しているセグメントの1つになっています。 

貯蓄、ローン、投資、保険など、あらゆる金融サービスのグローバルでオープンであり、地方分権化を主流にすることが目標となっています。

 

従来の銀行に代わる3つのポイントとしては、「ステーブルコイン」、「分散型取引所(DEX)」、「分散型貸借プラットフォーム」でしょうか。

特に注目される分散型貸借プラットフォームでは仲介者なしでユーザーまたは企業にローンを提供することができます。
利用可能な資産を持っている人なら誰でも、それらを共有の貸付プールに預けることができるという敷居の低さが大きな特徴です。

現在、最も人気のあるDeFi融資プラットフォームは、Compound、Maker、Aave、およびdYdXです。 

 

このブログを読んでいる人に1つ情報提供しておくと、今後のDeFiでは「保険」に注目しておいて下さい。

分散型保険ですが、現時点では全く注目されていませんが、これはもしかしたら保険業界に風穴を開ける可能性があるほどのポテンシャルを秘めています。

 

おそらく今年下半期に続々とこの保険に関わるDeFiのプラットフォームや、銘柄も登場してくるはずです。

私も欧米圏からいくつかの話は耳にしています。

今後それらが世の中に出始めてきたら、その時記事にしようと思っています。

 

 


ファイルコインマイニングにおいてトップの採掘率を誇る先河系統
その先河系統の高利回りファイルコインマイニングのサービスはこちらをクリック




PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。