3種類の魅力的な海外法人税制度

節税のため海外にオフショア法人を作る時にどこの国に法人を作るのか。

その判断は法人税額や、国の信頼性など色々なところを見て決める事になると思います。

 

大きく分けるとオフショア法人として人気の国は3種類の法人税制度で分けることができます。

1、低税制国

キプロス、特にマレーシアのラブアンあたりはここ数年、日本人が節税のため法人作ってますよね。

ブルガリア、モンテネグロ、モーリシャスもそうでしょう。

法人税額10%前後くらいまでの低い法人税の国を指します。

2,免税制度

香港や、マルタなどが代表的です。

特定のシステムや、条件を満たすことによって法人税率をぐっと下げることができます。

例えばマルタだと、マルタに住んでいる人がマルタに法人を作った場合は高い法人税を支払う必要が出てきますが、マルタ以外の国に住んでいる人がマルタに会社を作った場合は、法人税を5%以下に下げる仕組みがあります。

3,ゼロ税国

UAE、バージン諸島。ベリーズなどが該当します。

文字通り税率が0の国です。

実はアラブ首長国連邦などは法令上は一定の収益(100万AED以上)上がれば税金が発生するんですが、何故か制度がありながらも徴収されていないという状態が続いています。

ただドバイなんかでは会社作る時や、毎年会社維持のために国に支払うお金が存在するため、それで国は潤っているという部分はあります。

 

では、法人を作るならどこの国が良いのか。

これは会社の種類、そして自分がその国に住むのか、そして会社のお金を個人に移転したいのか等様々な条件によって、選ぶ国が変わってきます。

 

上記の挙げた国の中に、実は非常に安価でお勧めの国が1つだけありますが、オープン記事で書いてそこに日本からの申込が殺到すると困るので、
また中村オフショア倶楽部LINEのほうで後々解説したいと思っています。

そこには色々な理由が存在します。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。