アンチエイジングとHifu(ハイフ)

最近色々芸能人などのYoutubeを見ているのですが、美容整形外科でHifu(ハイフ)という機械を用いたリフトアップをされている方をよく目にします。

男性だけ見ても吉本の藤森氏や、りんたろー氏、出川氏なども最近やたらとHifuを受けたというのが話題になっています。

手術せずに30分程度顔に機械を当てるだけで顔のたるみが改善し、シワなども消えるとして2020年くらいから芸能人が次々と行っています。

日本ではなぜか全く違う高周波の機械もHifuと同じ括りで取り扱われる事が多く、サーマクールなどの高周波治療を受けてHiFuを受けたと書かれている記事もありました。

私はこの手の話はあまり興味が無いのですが、以前にHifu(ハイフ)に関して知り合いの有名な日本の美容外科医に酒の席で話を伺ったことがある事を思い出しました。

結論から言うと、やり過ぎると、将来老けるという事です。

 

日本で主流の高周波の機械であるサーマクールは海外ではもうほぼ使われておらず、これは顔の筋肉が固くなる、
そしてあまり勉強していない医師や看護師が処置するとこめかみや頬への加減ミスによりこける事がある。

もう1つHifuの機械であるウルセラ(超音波)はまだマシ。
リフトアップ効果はあるが、ただ海外では神経にダメージを負ったなどの後遺症トラブルが多数ある。
顔に肉が少ない人がやり過ぎると貧相になる。

 

では、アンチエイジングに何がいいのか?と質問したところ周波数40.68MHzのラジオ波(RF)という返事がかえってきました。

周波数40.68MHzのラジオ波を月1回顔に当てていくだけで、同年代の人よりも10歳はより若さを保つことができるでしょうという事です。

日本では40.68MHzの周波数の機械はテノールという名前で美容クリニックなどで取り扱われていますが、高周波のサーマクールとは全く作用が違うようで、顔に肉が少ない人にも向いているようです。

 

一般的なエステサロンで使われるラジオ波の機械は1MHzなので、効果はかなり弱いですが、
日本のヤーマンというメーカーからラジオ波搭載の3MHzの家庭用機械が出ているので、自宅用ではこれを毎日使うのが最適解かもしれません。

15万円くらいしますが、変なエステに通うよりも遥かに効果があるでしょうw

名前はフォトプラス プレステージssでこれが国内家庭向けでは最大周波数の治療機になります。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。