ETHNEOの変更点について

昨日ETHNEOからメールが来ていると思いますので、まだ見ていない方は重要な内容なのでご確認下さい。

 

最大の変更点としてはSumo(相撲)からOuchi Finance(おうち)に変更された点です。

河崎氏から直接その変更理由は聞いていたのですが、まずSumoトークンというものがすでに他に存在しているところにあります。

これは当初から言われてはいたのですが、やはり同じ名称のトークンがあると良くないという事で今回の変更に繋がっています。

そしてOuchi「おうち」はCommons、トークンを持つユーザー全体を家族ととらえて各種ポリシー、サービスが5年、10年と長いスパンで実行されていくとの事です。

 

トークンの価格も調整されています。

当初1Sumo=20円で想定されていましたが、今回1ouchi=0.3円に修正されています。

ただし、Sumoとして今まで配布されていた枚数がUniswap上場時に100倍に修正されるため、例えば1000Sumo(20000円分)持っていた人は、100000ouchi(30000円分)へと変更となり若干お得になっています。

そして縁故枠で購入されていた方は上場後も引き続き通常の13倍の枚数が配布され続けていく事になるという事です。

 

6月15日がETHNEOのグランドオープンとなり、その日からOuchi FinanceがUniswapで取引できるようになるため、すぐに売りたい方はMetamaskを準備しておく必要があります。

OuchiのTVLはすでに6億円以上あり、DeFiプラットフォームとしては中堅規模以上に膨らんでいますが、日本だけだと限界があるためシンガポールの運営チームと連携し、今後グローバルに展開していくと聞いています。

 

今ETHNEOに登録されている方はETHのステーキング報酬も毎日受け取っていると思いますが、合わせてOuchiのほうでも利益を出していくために、まずMetamaskを用意しておき、いつでもOuchiをトレードできる体制は整えておいたほうがいいかと思います。

とりあえず初年度10倍くらいを目指しているような話は聞いていますので、すぐに売るかどうかはわかりませんが、、

ETHNEO参加者はOuchi以外にも、今後OuchiFinanceに上場する第2弾、第3弾のトークンのエアドロップを受ける権利も要しており、ここらへんはまた河崎純真氏から続報があれば、私のコミュニティには共有していきたいと思います。

 

 

当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。