回復の兆し

今日の相場は少し回復の兆しが見えてきて、嵐のような相場から一段落したような感じがしますね。

 

BTCもチャート上ではWボトムの形成が見られ、短期的にかもしれませんが100万円台まで戻り、

投資家たちも落ち着きを取り戻してきたようです。

ただし、材料があっての上げではないので、非常に脆くて崩れやすいのは間違いないと思います。

 

仮想通貨はなぜか毎年1月に大暴落をする傾向があるようです。

 

例年通りにいけば、2月から回復基調となるはずですが、今年はG20での規制の話やら、テザー問題などのイレギュラーな問題が発生しているので、果たしてそううまくいくのかどうか、ちょっと予測ができません。

 

今まで仮想通貨に肯定的だと思われてたロシアまで、メドベージェフ首相の主導のもと、ユーラシア諸国に規制への連携を求めていくようです。

 

ソース:コインテレグラフ

 

もう、この手の規制のニュースには慣れて、不感症になってしまいましたw

 

1月の大暴落からまもなく1か月経ちますが、そろそろ精神的にもいっぱいいっぱいになってる人も多いのではないでしょうか。

私もそんな一人ですw

もう、ここまで下がってしまうと今更撤退する気も起きません。

今はコツコツと限られた資産の中で、有望な通貨を買い集めております。

 

そういや、今日はLitePayが発表されましたね。

 

LiteCoinを使って決済ができるサービスで、高トランザクションが可能で、手数料無料などの優位性があり、

受け取ったLitecoinはドルやユーロへの通貨に即時変換し、銀行に送金されます。

 

 

日本の場合、クレジット決済を導入すると、代金から約3%の決済手数料が発生しますが、このLitePayならその費用が無料となるため、導入する店側のメリットは非常に大きなものになります。

 

しかし、こういうのを見ると、ビットコインの時代はまもなく終わるかもしれませんね。

イーサリアムや、リップル、ライトコインなどのより優れた通貨にその座を受け渡すかもしれません。

そして、このようなブロックチェーンを用いた技術革新的なサービスを見ると、仮想通貨がチューリップバブルのようには崩壊しないだろうという確信にも繋がります。

 

ライトコインはまもなく、ハードフォークによってライトコインキャッシュ(LCC)が誕生するという噂もあります。

私が今一番注目している通貨の一つがLitecoinですので、これからもその動きには注目していきたいと思います。

 

 

 


既存の高配当ウォレットとは異なる実業+銀行を組み込んだ次世代のウォレット。
独自の情報を多数掲載しているのでまずは上記のバナーから記事をお読みください。


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります