【最重要】STOとセキュリティトークンに関して

昨日の記事以降、数多くの問い合わせが来ています。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)に関して、興味を持っている人もそれだけ多くいるということなのでしょう。

 

セキュリティトークンとは簡単に言うと不動産、株式、会社の収益、資源などの価値の裏付けがあるため、今までのユーティリティトークンよりも信頼性が高いものとなっています。

仮想通貨の価値が今なぜここまで大きく落ちてしまっているかというと、裏付けの無い、ただの期待感などによって価格が上がっていただけなので、その過熱感が収まれば価格が落ちるのも当然だからです。

 

価値の裏付けのあるSTOは株式のIPOとICOの中間であるとよく言われています。

セキュリティトークンはコモディティであり投資家保護を行う必要があり、監査報告が必要になるため、STOでは今までのICOであったような詐欺もほとんど無くなるだろうと言われています。

 

ただし、ICOと違って、STOは簡単には参加できません。

適格投資家ではなくては参加できなかったりと敷居が高いのがネックです。

 

私もまだ世に出ていないSTOのプロジェクト何件かお話を頂いていますが、最低投資額が約1億からだったりしますw

もし興味がある方は中村宛に連絡下さい。

ご案内させて頂きますw

 

最初から個人ではなく、金融機関、ファンドなど向けに案内されているものも多いため、私たち個人が今までのICOのように気軽に参加できるものではありません。

その人が投資したいと思っても、審査で撥ねられる可能性が非常に高いです。

 

現在、すでにICOは下火となっていますが、2019年にはICOからSTOほうに話題が流れるのは間違いありません。

勉強している人は知っていると思いますが、NEMやNEO、そしてバイナンスなども先手を打ってセキュリティトークンに関して動き始めています。

 

情報出し過ぎかなとも思うのですが、間もなく動き出すセキュリティトークン取引所VNX ExchangeCEZEXなどにも注目しておいて下さいw

VNX Exchangeは、まだ世界でも全く話題になってなくてテレグラム80人くらいしか登録者いないのですが、実は日本人に人気のNEMが大きく関わっていますww

VNX Exchangeの公式サイトはこちら

 

あと中村からお願いがあります。

セキュリティトークン、STOに関して情報をお持ちの方いましたらご連絡お願い致します。

 

セキュリティトークンの登場によって仮想通貨で再び資産を増やすチャンスが来年あたりから到来すると思っています。

中村ブログでは、このチャンスを皆さんと共有するつもりなので、どこにも載っていない情報を随時掲載していく予定です。

 

 



ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
今なら口座開設だけで必ず3000円貰えます。
仮想通貨から入出金対応、レバレッジ最大888倍、追証無しゼロカットシステム、為替、株式指数、先物CFD、金銀、原油、仮想通貨(BTC,ETH,XRP)など同一プラットフォーム上で全て投資が可能、スプレッドが狭い、取引シグナルの無料配信がある、手数料最安値、迅速入出金