間もなく開始予定のSTO(セキュリティトークンオファリング)をいくつかご紹介

日本のサイトだけ見ていてもまったく情報は入ってきませんが、実はSTO(セキュリティトークンオファリング)は海外ではいくつもプロジェクトが始動しています。

今日はSTO(セキュリティトークンオファリング)の中でも特に興味深いものをいくつかご紹介致します。

ただし、STOは本当にブームになるのかどうか、今の仮想通貨市場を見ていると少し疑問に思える部分も出てきているので、現時点ではまだ参加しないほうがいいでしょう。

 

STOとはどういったものなのかを含めて、参考までに留めておいて下さい。

 

■7Passトークン

7Passトークン公式サイトはこちら

 

世界の大麻市場は、2027年までに1,000%成長して年間1,400億ドルを超えると予測されており、今最も成長率の高い市場として注目を浴びています。

7Passトークンは世界中の投資家に巨大な大麻市場にセキュリティトークンを通じて投資できる機会を提供します。

 

■Azizaコイン

Azizaコインの公式サイトはこちら

南アフリカにおける石油、天然ガスの採掘に関するトークン化されたファンドです。

アフリカのナミビアの22,000平方キロメートルにも及ぶ石油・ガス事業権から大きなリターンを提供します。

 

■Producers Token

Producers Token公式サイトはこちら

 

農業のバリューチェーン(業務の効率化や競争力強化を目指す経営手法)をデジタル化トークン化、そして分散化するプロジェクト。

今まで卸売業者、ブローカー、流通業者、小売業者、輸入業者、輸出業者など多くの中間マージンが発生した部分を効率化し、利益を最大化することを目的としたプラットフォームを立ち上げます。

 

 

他にもSTOの特性上からも相性が良いと言われる不動産関連のプロジェクトが数多く立ち上がっています。

けっこう乱立し始めているのでどれが生き残るのかを含めて、よく考えてから投資しないとICOの二の舞になりそうな印象を持っています。

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能