【仮想通貨取引所】東南アジアで今最も勢いのある「Bit-M Exchange」に関して

東南アジアで展開し、現在急速に拡大している仮想通貨取引所「Bit-M Exchange」。

Wowbit/Wowooなどに出資をしているオウケイウェイヴのマレーシアの子会社(Okfinc社)や大手仮想通貨取引所Bit-Z社と戦略的パートナーシップを結んだことでも話題となっていますね。

 

Bit-Zとの連携によって急速にシェアを伸ばしており、東南アジアを代表するブロックチェーンベースのデジタル資産取引所として暗号愛好家に簡単で安全で公正なデジタル資産取引プラットフォームを提供し地域での地位をしっかりと固め世界展開を目指しています。

先日インドネシア政府が仮想通貨の先物取引合法化を発表しましたが、東南アジアでは政府による法整備が進み始めており、マレーシア政府やフィリピン政府などのもその潮流に乗って、仮想通貨をより安全に取引できるように、制度作りを開始しています。

「Bit-M」は国家レベルの銀行のセキュリティレベルを確保するためにBit-ZおよびParlantirと技術的に提携しているのが特徴のひとつで、巨大なコミュニティを構築するために、WowooおよびOKWaveとも提携を果たし高いシナジーを創り出す強力なパートナーを擁しています。

 

東南アジアでシェアを伸ばしているBit-Mですが、登録と1回の取引だけで得ることができる大規模なエアドロップも行っているため、興味がある方は登録してみて下さい。

間もなくBit-Mでは基軸通貨のERC-20ベースのBMBトークンが上場します。

その特徴はプラットフォームの純利益の20%が四半期ごとにBMBの買い戻しに使用される点と、BMB保有者は、BMBを使用して、引き出し手数料、取引手数料、上場手数料、およびその他の手数料(入金無料)を支払うことができる点であり、一般的な取引所通貨と同様の内容になっています。

 

Bit-Mの登録方法は下記となります。

携帯とメールのどちらかから登録ができますが、携帯のほうがスムーズに登録できます。

 

Bit-Mの登録ページはこちらから

 

 

Bit-M公式サイト:https://www.bit-m.com/

Bit-M公式テレグラム:https://t.me/BitMJP

 

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能