投資で資産を増やすために重要な事

 

「人と同じことをしていては儲けることはできない。」

これは投資でもビジネスでも当てはまることで、誰かの後追いばかりでは儲けることはできません。

ネットやテレビなどで情報が拡散され始めてから行動を起こすのではなく、最初に情報を掴んだタイミングでまずは行動してみること。

 

そして日頃から貪欲に情報収集に努めることが大切です。

私自身、情報収集には日本の検索エンジンはほとんど使わず、韓国の情報はNaver、中国の情報は百度、アメリカはGoogleUSAなど色々と使い分け、海外に知り合いも多いのでそこからの情報収集も怠らないようにしています。

 

仮想通貨だけでなく投資全般においては海外の金融機関、投資家などとのコネクションも重要です。

私は15年くらい前から新興国の株式投資を含め海外投資を積極的に行っていたので、銀行、ファンド、PB、ブローカーなどにも知り合いがいてそこからの紹介などでネットワークを広げてきました。

仮想通貨に関してもミートアップやイベントに積極的に参加し交流を増やして、今ではロシア、中国、韓国、ドバイ、アメリカ、シンガポール、マルタ、その他世界中に友人がおり、Skypeなどで定期的に情報交換をしています。

当然、英語は必須となってきますので日常会話レベルでも習得しておくといいかもしれません。

 

情報はネットだけで集めればいいやと思っている人も多いかもしれませんが、ネットで情報が出だした頃には出遅れであったというパターンが多いのは事実です。

 

仮想通貨に限らず投資は情報戦です。

情報を持っているかどうかだけでリターンが大きく変わってきますので、いかに人が知らない情報を収集できるに掛かってきます。

 

例えば、私が3月21日に掲載していたこちらの記事。

この4日後に楽天が交換業ライセンス取得のニュースが発表されましたが、一部の人はこういった情報を事前に掴んでいます。

 

とりあえず、今日からすぐに出来ることは日本人向けのネットや、Twitter、テレグラムなどからだけの情報収集を止めましょう。

私自身色々海外ルートでの情報が入ってきますが、海外で話題になってから日本で情報が広がるまでに長いタイムラグがあります。

STOに関しても私は去年の夏頃からLINEで流していましたが、実際に日本で話題になりだしたのは12月頃になってからです。

 

これからも極力、日本で話題になる前に最速で情報を配信していこうと思っています。

どうしても表に出せない情報に関しては私の4つのクローズドLINEのほうで流していきますので必ず全て登録しておいて下さい。

 

日本の国内取引所に関しても、今新しい通貨を上場させるために金融庁と連携して前向きに動いています。

そしてSTOに関しても

日本では、どういった会社がこのSTO事業に乗り出すために動いているのか?そういった情報も具体的な企業名と共に今後クローズドで流す予定をしています。

 

 

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能