ソフトバンクが出資するブロックチェーン企業

ソフトバンクのここ2、3年の勢いは目を見張るものがありますね。

すでに投資会社と言ってもいいほど世界中の有望な企業への出資を加速させています。

アリババに始まり、最近だとUberでは筆頭株主、OneWebなどにも多額の出資をしています。

 

第4次産業革命の中心技術とも言われるIoTやAIに関しては、2016年に3兆円で買収したArmなどによって開発で主導権を握っています。

 

皆さんが一番気にされるのはおそらくブロックチェーン企業への出資に関してかと思いますw

日本ではほとんど知られていませんが、ソフトバンクグループはブロックチェーン関連企業に関してTBCASoft、SoFiなど8つのプロジェクトに出資しています。

ちなみにGoogleは6つのプロジェクトに出資しており、ソフトバンクのほうが上回っている状況です。

 

ソフトバンクグループ子会社のYahooジャパン出資の仮想通貨取引所TAOTAOも今月から稼働と、仮想通貨業界において世界で最も注目される企業がソフトバンクであると言ってもあながち間違いではないでしょう。

ちなみに、TAOTAOのセキュリティに関してはグループ企業であるソフトバンク・テクノロジー株式会社の持つ技術によって、24時間365日システムの監視・運用が行われる事になります。

またブロックチェーン技術においてもソフトバンクグループは国際モバイル決済の実地試験を成功させたりと、世界最先端の技術を持ち合わせています。

ブロックチェーン関連企業に出資しつつも、自社内で色々賄える技術力を蓄えているのが恐ろしいところですねw

仮想通貨投資では、どこのファンドがどのプロジェクトに投資したとか話題になりがちですが、ソフトバンクに関してはちょっと次元が違いますw

 

直近ではコロンビアのオンデマンド配信の新興企業であるRappiへの1000億出資が発表されましたが、セカンダリーマーケットで株式が買えないか私も色々調べています。

後追いでもソフトバンクが出資している企業を追うことは資産を増やす最も近道かもしれませんね。

 

 


ファイルコインマイニングにおいてトップの採掘率を誇る先河系統
その先河系統がファイルコインマイニングのサービスを新たに提供




PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。