Altcoinシーズン中に利益を最大化する方法

2017年11月からの仮想通貨バブルではビットコインの上昇が一段落した後、アルトの主要銘柄、中型銘柄、小型銘柄へと資金が流れ始めました。

当然小型銘柄は時価総額が低いため、流れた資金量に対して、主要銘柄と比べると上昇率は大きくなります。

2017年のバブル時はこの草コインの小型銘柄に早期に投資する事によって利益を最大化する事ができました。

100万円が1億円になるような投資法です。

 

ただし、当時はXRPとNEMは他の主要アルト、草コインが大きく上昇している最中もほとんど値が変わらず1か月以上停滞していたと記憶していますが、今回はXRPのほうは他のアルトと同様に最初から大きく上昇しているため以前とは状況が少し変わってきているのかもしれませんね。

 

ここ2週間ほどビットコインだけが突出して価格が上がっていましたが、イーサリアムなどの主要通貨にもじわじわ流れ始め、ビットコインの優位性が低下してきており、アルトコインへの資金の流入が始まり出している感があります。

いきなりよくわからない草コインに手を出すのではなく、まずは上位銘柄に注目し、今後前回と同じようなバブルが起きるとするならば小型銘柄に資金が流れ始めた事を確認してから手を出すといいかもしれません。

 

注意事項としては出来高は必ず確認して下さい。

出来高の少ない銘柄ではなく、活発に取引されている草コインでなければ上昇の波に乗れません。

あと前回のバブルの教訓ですが、ある程度含み益が出た時点で必ず利確しておく事が重要です。

急騰した後、利確売りが発生し必ず大きく落ちます。

これは前回XVG、XSH、DENTなどでも経験済みで、短期間に10倍近く上昇した後、そこから一旦半値近くまで下落しました。

ホールドし続ける事のメリットは薄く、適宜利確し、次の銘柄に移る事が大切です。

 

ただし、本格的なアルトコインシーズンが始まっているかどうかはまだ不明です。

心配な方はイーサリアムなどの主要銘柄への投資に留めておくのが無難でしょう。

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能