今年は匿名通貨の波が来るかもしれないという話

仮想通貨は思っていたよりも匿名では無いという事は知っていますか?

BTCでの取引は個人を特定できる情報はブロックチェーン上に記録されませんが、アドレスと個人情報が紐づけば、どのような取引を行ってきたか調べる事は容易となります。

 

日本でもそこそこ知識のある人は、追跡を免れるためにChangellyやBTCミキサーなどを使っているかもしれません。

しかし、Changellyは簡単に追跡ができますし、
BTCミキサーに関してはトランザクションをアルゴリズムを使用して他のユーザーのトランザクションと混合し、トランザクション履歴を不明瞭にする仕組みですが、多くのミキサーサービスは、アルゴリズムが繰り返しパターンに従って特定のアドレスを再利用する傾向があり、そこまで洗練されておらず、こちらも追跡は可能になってきています。

 

最近ではいくつかのブロックチェーン分析および監視ツールが出てきており、アドレスとパターンを追跡できるため、特定のコインが何らかのマネロンのツールを使ったかどうかも識別できるようになり始めています。

 

ビットフューリーなどの企業が開発している分析ツールなどは非常に優秀なので、小手先だけのこんな簡易ツールを使ってもモロバレします(笑)

FBIも取引をIPアドレスと結び付けて調べる方法など色々模索しており、思っている以上に仮想通貨の資金洗浄に関して色々研究しているみたいです。

 

 

私は2020年は匿名通貨が注目されると思っています。

Monero、Zcash、DASH 、XVG、XSH、TPAY、GRIN、BEAM、PIVX。

特に利用者の多いZcashとMonero。

 

トランザクションの追跡が難しく、今ダークウェブでも活発に利用されています。

追跡ツールの進歩によって、匿名通貨の需要が今年は高まる可能性があります。

 

TRONも今年はZcashベースの匿名通貨を新たにリリースする予定で、もしかしたら稼げるチャンスとなるかもしれないのでそちらのトークンも注目しておいたほうがいいかもしれません。

 

 


ファイルコインマイニングにおいてトップの採掘率を誇る先河系統
その先河系統がファイルコインマイニングのサービスを新たに提供




PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。