2020年に86%成長すると言われた南米最貧国「ガイアナ」の進捗

私が今年の1月20日にブログに掲載した「ガイアナ」に関しての記事をまだ読んでいない方は必ず先にそちらの記事をお読み下さい。

IMFが2020年に世界最高の86%の成長が見込まれると発表した「ガイアナに関しての過去記事はこちら

 

実はこの記事を掲載以降、商社の方や、現地にツテのある方から多数連絡を頂いていました。

ガイアナに関してインターネットで検索すると、私のブログが上位表示されていた事が原因のようです。

あれから個人的に色々調査はし続けており、いくつか「ガイアナ」に投資できそうなルートは確保できつつあります。

 

ただし、元々ガイアナがIMF(国際通貨基金)から世界最高値である86%の成長率と発表されたのは、2018年に巨大油田が見つかり、世界有数の油田生産国になる可能性が出てきた事からでした。

ご存知の方も多いと思いますが、現在のコロナウイルスの感染拡大によって原油需要が大きく減少しており、原油の価格は急落しています。

私もそこは大きな懸念材料だなと思っていました。

 

そのような中で、つい先日ブルームバーグに以下のような記事が掲載されていました。

IMFの最新の発表によると、ガイアナの今年の成長率はプラス53%に修正されていました。

IMFの「世界経済見通し」によると今年は世界中の国々が大きくマイナス成長に陥ると言われていますが、その中でプラス53%の成長というのは、やはり異常ではあります。

 

すでにオイルマネーで潤っている代表的な国としてUAEやサウジアラビアなどが知られています。


(UAEの現在の街並み)

例えばUAEは1人あたり1日約0.20バレルのオイルを生産、サウジアラビアであれば1人あたり1日0.33バレルのオイルを生産。

それに対してガイアナは2025年にはUAEやサウジアラビアを超える1人あたり1日1バレルを生産すると予測されています。

南米の中でも最貧国として知られる国ですが、その国が、南米の中で最も裕福な国へと変貌する可能性がでてきたわけです。


(ガイアナの現在の街並み)

すでに海外のデベロッパーも現地に入り始めており、今まで無かったような高層コンドミニアムやショッピングモールの建築計画も複数立ち上がり始めています。

 

冒頭の話に戻りますが、ガイアナへの投資に関してですが結論から言うと現時点では株式に投資するというのが最も近道な方法という所に辿り着きました。

 

現在はまだガイアナの株式市場に直接投資というのは外国人投資家にとっては、かなり敷居が高い事から、ガイアナで事業を行っている海外企業へ投資が集まっている状況です。

例えばこちらはアメリカのNasdaqに上場するATN Internationalの株価。

ガイアナの最大の通信会社GT&Tと一緒に事業を行っている通信会社の株価推移となります。

コロナショックによって世界中の株式市場が暴落する中で、ガイアナの経済成長への期待から今年最高値を更新しています。

 

こういった間接的な投資方法もありますが、やはりダイレクトに現地証券会社であるGuyana Stock Exchangeを通じて現地企業に投資するのがベストでしょう。

そこは今現地証券会社と話を詰めている段階ですので、お待ち頂ければと思います。

コロナの影響で時間が掛かりそうですが、実現すればおそらく日本で最初の事例となるでしょう。

 

そして不動産

こちらも私のほうで海外ルートも含めて色々動いてはいます。

本当にオイルマネーによってドバイへと変貌する可能性があるならこの国の不動産投資はとてつもないポテンシャルがあると見ています。

 

色々調べたい事はありますが、今はコロナで現地に行けないので、どちらにしても収束してからです。

マンパワー不足なので、かつてドバイ投資や、ベトナム投資で協力関係にあった仲間にも色々声掛けはしています。

時間は掛かりそうですが、まずは私のコミュニティに入っている方たちに優先的に情報を流し、その後、投資系のメディアでも情報を広げていきたいと思っています。

 

引き続きガイアナにコネクションのある方からの情報提供や、協力に関しても随時募集していますので、当ブログ右下の問い合わせフォームからご連絡お願い致します。

 

また、日本国内のWEBサイト程度では一切載っていないようなオフショア系の情報は私の専用LINEコミュニティから配信していますので、下記のリンクから登録下さい。

中村オフショア倶楽部LINE登録リンクはこちら

(オフショア系のコミュニティとしてはおそらく日本で最大規模です)

 


台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
現在USDT1000ドル以上か、BTC1500ドル以上レンディングしている人全員に、数万円相当の仮想通貨デビットカードが無料配布中


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。