SelfKey(KEY)というプロジェクト

CMCの時価総額ランキングで約600位のSelfKey(KEY)というプロジェクト。

そのトークン価格は、大半のアルトコインと同様にほぼ無価値となっています。

 

当然、日本でも全く話題にもなっていないプロジェクトですが、トークンではなく、実はそのSelfKeyのプラットフォームが非常に面白いものになっています。

こちらが管理画面となっています。

 

プラットフォーム上で自身のKYC情報や、データ、ドキュメント、デジタル資産を安全に保管する事ができます。

SelfKeyはローカルで動作しデータはデバイスに保存されるため、万が一サーバーがハッキングされても、データに影響が及ぼされない事が特徴です。

 

実は、このプラットフォーム内に「Bank Accounts Marketplace」という面白い機能が搭載されています。

SelfKey内に登録の自身のID情報を元に、世界12の銀行口座をボタン一つで開設申請できるというものですww

 

Selfkeyからオンラインで開設できる海外銀行口座はチェコ、プエルトリコ、香港、シンガポール、ベリーズ、セントルシア、アンティグアバーブーダ–、セントクリストファーネイビス、セイシェル、クック諸島など複数のオフショア銀行になっています。

 

CRS加盟国ばかりなので、使い道は限られてくると思いますが、
この中には銀行の預金額に応じてパスポートを金で買える国もあるので、使い道は色々あるのかもしれません。

 

話題性の低い仮想通貨の中にも、なかなか面白いプロジェクトは眠っているので、自粛期間で暇な間に色々調べたいと思います。

 


台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
現在USDT1000ドル以上か、BTC1500ドル以上レンディングしている人全員に、数万円相当の仮想通貨デビットカードが無料配布中


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。