年利18%のフェニックスレンディングがBitGoの審査をクリア

年利14%~18%のレンディングサービスを提供する台湾のフェニックスエクスチェンジ」ですが、
4か月程度の厳しい企業審査を経て「BitGo」の保険を正式に導入する事が確定し、この6月から顧客資産が保険で守られる体制となったようです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、世界最大のカストディサービスを提供するBitGoの審査は非常に厳しい事が有名
10社申請して、3社ほどしか通らないほど難関となっており、会社の資金力だけでなく、KYCでは役員全員の資産証明などあらゆるハードルが用意されています。

フェニックスも2月頃から申請しているというのは耳にしていましたが、実際に保険に加入できるまでに約4か月もの期間を要したようです。

 

BitGoの保険に加入した事により、ハッキング被害によって、フェニックスの資産が棄損された場合も、ユーザー資産は保険にてカバーされます。

今まで、ハッキングを理由に飛んだ仮想通貨取引所や、仮想通貨のプロジェクトは無数にありますが、そういったトラブルを回避する事ができます。

 

そこらへんの並の仮想通貨取引所であれば、そもそも審査に通らないので、BitGoの保険に加入したというのは大きなアドバンテージになるはずです。

フェニックスレンディングは私も当初から利用しており、そのBTCの高い配当率はBTCの枚数を増やすために大いに活用させてもらっています。

これからも末永くフェニックスレンディングは利用していきたいと思っています。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。