アジアの3つのベストリゾートレジデンス

アジアで開発中の高級レジデンスの中で、高い評価を受けている3つをご紹介します。

 

1.デュシタニスリランカ

場所:スリランカのバラピティヤ

完成目安時期:2020

総ユニット数:162

価格:USD244,000~

特徴:5年間で6%の年次収益を保証

タイの名門ホテルグループ「デュシタニ」
モルディブに高級リゾート、カイロに高級ホテル、ダバオで住宅開発、他世界中で展開しています。
そのデュシタニが、最も野心的なスリランカでのホテルアパートメントのプロジェクトを進めています。

ベントタとヒッカドゥワの有名な西海岸のビーチの近くの広大な多相統合開発の住宅コンポーネントである、家具付きの豪華な1ベッドルームと2ベッドルームのアパートメントは、2つのタワーに収容されており、居住者にラクシア海の素晴らしい景色を提供します。
バルコニーで空を眺めるのに飽きたなら、代わりに、ビーチサイドや屋上バーで時間を過ごしたり、スイミングプールで涼んだり、スパで体を癒したり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

開発が急ピッチで進められていますが、フェーズ2では、高級レストラン、高級小売店、美しい庭園、高級シャンパンラウンジ、ウイスキーラウンジが並ぶ遊歩道で、リゾートの5つ星の地位をさらに強化します。

 

2、Ginto Residences

場所:日本、北海道ニセコ

オープニング:2019

ユニット総数:31

価格:平方メートルあたりUSD1,200-USD1,800

特徴:今後数年間で完成予定の東京への直接高速鉄道リンク

ニセコは外国人の別荘需要が高まっており、近年外国の富裕層向けのレジデンスが次々と計画されています。
特にザ・パビリオンズニセコグループは、北海道のゲレンデで5つ星リゾートや、プライベートヴィラ、レジデンスの開発を推し進めています。

Ginto Residencesもまた洗練された和風のヴィラデザイン、スキーリフトへの独占アクセス、ファッショナブルなギントビレッジへの容易なアクセスを提供する、1,000平方メートル(最小)の広大な区画をうまく使っています。

アフタースキーは当然、居住者が無制限にアクセスできるリゾートの施設。
リゾート施設には屋内と屋外の温泉プール、最先端のフィットネスセンター、ヨガセンター、高級レストランがあります。世界クラスのスキー、ハイキング、マウンテンバイク、ラフティングなど、アウトドアアクティビティが充実しているのが特徴です。

 

 

3、Selong Selo Residences

場所:インドネシア、ロンボク

オープニング:2019

総ユニット数:65

価格:1平米、USD225,000~

特徴:インドネシアのネクストバリと言われる島の不動産

次のバリ島と言われ世界の投資家の注目を集めつつある、インドネシアの「ロンボク島」。

ロンボク島内にはサーキットが作られており、2021年にmotoGPの開催も予定されています。
ビーチ、静かなサーフィンスポット、自然のアトラクションが充実しており観光客や投資家の間で近年注目されています。

島の南端に位置するSelong Selo Residencesの魅力は明白であり、海抜200メートルの位置にあり、Selong Belanak湾のパノラマビューとあらゆる方向の広大な緑の広がりが見られます。

レジデンスのすべての所有者居住者は、23メートルのインフィニティスイミングプール、テニスコート、スパなどの特別な施設を利用できます。
オーララウンジ&バー-丘の上にある集まりの場所は、白いキツネとココヤシの木が咲き乱れる1,000平方メートルの牧歌的な庭園に囲まれています。

投資家は、Selong Seloのバナーモデルの家のコレクションから ‘Kayu Villa’を選ぶか、好きな建築家と提携してオーダーメイドのコンセプトを作成できます。

 

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。