ラオスでの大麻ビジネス

最近各所から、ラオスでの医療大麻への投資の話を貰っているのですがこちらは今色々調べている最中です。

私の知る投資家たちも今海外の医療用大麻への投資を行っている人たちが本当に増えてきていますね。

下記のような投資案件が2018年以降相当表に出てきている状況です。

日本には独自の凍結療法などの高い技術を持った会社もあるので、この医療用大麻に関しては大きなビジネスチャンスになるのではと思っています。

新興国への投資額はそこまで多くの資金が無くても可能となっており、仲間うちで資金を出し合って投資という事も当然可能なので、敷居はそこまで高くなく、現地の言葉をしゃべれる通訳さえいればだいたい何とかなります。

ただしこの通訳は曲者で、間違った通訳をされるケースは私の経験上も非常に多く、重要な契約に関しては2人ほど連れていく事もあります。

 

年平均成長率は23.9%と急成長している医療大麻市場。

ビジネスの一つとして興味がある方は、海外サイトで色々調べてみて下さい。

私もこの急拡大する市場を指を咥えて見ているだけではなく、すでに動き出しています。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。