Filecoinの最新動向

ファイルコインが10月15日に発生すると推定される148,888ブロックでメインネットがいよいよ起動します。

すでに米国Gemini、Coinbaseでの上場が決まっており、新たにOkex、Huobi、中規模の取引所としてはMXCなどがファイルコインの上場を決めています。

シンガポールに拠点を持つHuobiに関してはファイルコインマイニングサービスも始めることがほぼ確定のようです。

 

また、新たにDeFiのサービスを提供しているConsenSys Codefiがネットワークの採用を加速するためにFilecoinのサポートを追加しました。

今注目されているDeFi市場にもファイルコインが進出するかたちとなっています。

 

データストレージの需要は今後大きく増加することが予想されており、数あるアルトコインの中でも今ファイルコインに大きな注目が集まってきている状況となっています。

ファイルコイン先物価格のほうも、急激に上昇し始めており、昨日は30%近い上昇となっています。

このファイルコインのトークンに関しては、日本でファイルコインマイナーというマイニングサービスを提供している大元のノンエントロピー社、トゥモローグループがマイニングサービスとは別に「IOU」という非常にユニークなサービスを提供しており、
10月12日までに申し込みした人は1Filecoin、1FILが1200円で上場後半年後に配布するというサービスを提供しています。

 

今先物で3200円ですが、これを10月12日までの申し込み(10月15日の午前まで延長)であれば、1枚1200円で上場半年後に受け取ることができます。

例えば上場後に仮にファイルコインの価格が6000円まで上昇したとして、100万円分買っていたら、500万円になるという計算です。

直近になってしまいますが10月12日以降は1枚の価格が1700円に上昇しますので、もし興味がある方は下記からお申込み下さい。

 

ファイルコインIOUの申込はこちらから

 

日本語にする→メールアドレス、パスワード(大文字+小文字+数字)、再入力、サインアップをクリック

登録の(ログインID)メールアドレス、パスワードは絶対に忘れないで下さい。

購入ボタンをクリックする

チャージボタンを押して、BTC、USDT、ETHなどをチャージする。

ウォレットにチャージが完了したら、購入数を選び、購入する。

ファイルコインは上場半年後に、ノンエントロピー社のマイニング分からこのウォレット内に反映されます。

配布されたファイルコインは市場で売ることができます。

ファイルコインのその時の価格が1200円以上であれば、プラスになるわけです。

 

現在のIOUの1枚のレートは1200円ですが、12日のどの時間になるかわかりませんが、1700円に値上がりするとの事です。

 

 

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。