フェニックスエクスチェンジの年利12%BTCレンディング

フェニックスエクスチェンジから連絡がありました。

数日以内に台湾グループがウェビナーを開くようですので、またその際リンクをコミュニティに共有したいと思っています。

 

フェニックスはサービス開始直後年利24%のBTCレンディングでしたが、今は年利12%となっています。

先に入った人ほど有利な内容になっていることは最初にお話しした通りです。

しかし、他社のBTCレンディングはおよそ年利5%程度が標準となっていますので、12%でもかなりの優位性がありますね。

サービス開始から約8か月となり、当初はそのあまりの利回りの大きさから怪しいという声が挙がっていたようですが、運用のほうは順調に行われており、問題無く資産が増えていっている状況です。

 

その運用は貸付がメインとなっており、カジノや仮想通貨プロジェクトへの貸付、中国のネットワークビジネスへの貸付、そしてシンジゲートを使ったアービトラージ等々6種類の堅い運用がなされています。

フェニックスの運営である元ビットポイント台湾のチームに確認したところ、フェニックスレンディングは非常に安定的で会社側にも利益が生まれ、この仕組みは長期で続けていくとのことです。

間もなく運営側からウェビナ―の案内がなされるので楽しみにお待ち下さい。

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。