E-Fileのファイルコインの配布に関して

E-fileの公式LINEからアナウンスがありました。

いよいよファイルコインが配布とのことです。

下記がE-file公式LINEから送られてきた内容となります。


本日20日となりまして、直近の採掘FILの配布用意が整っておりますが、現在、未だに公式ウォレットが完成していない事から、初期にお勧めしておりましたバイナンスや、直近でご紹介させていただいたコモンズスクエアのアドレスの方などに送信させて頂きます。

現在、多くの方がまだ受け取り先として登録されているであろうバイナンスにて、FILノードの不備があったらしく20日時点で24時間の送受信停止が起こっておりまして、弊社の方では皆様のアドレスのどれがバイナンスのものか判断できないため、このメンテナンスが明け次第、つまり20日の24時付近の様子を確認してから配布作業を開始いたしますのでご了承ください。

そしてまた、FILアドレスの記入を済ませてらっしゃらない方も多数いらっしゃいます。こちらは記入が遅れたからといって早々に受け取り権利が無くなるものではありませんが、出来る限りはやいご登録をお願いいたします。
また、以前一斉メールでもお伝えいたしましたが、昨日19日の24時をもって、テラバイト数の申し込みやプランの変更を締め切っております。

とはいえ、いまだにプランの最終入力を済ませてらっしゃらない方も多く、現在の所は、先日も一斉メールしましたように、一括して永年プランへのお申込みであるとして設定しておりますので、ご了承ください。


Protocol Labs公式からのウォレットが未だに提供されないため、現状バイナンスなどのファイルコインを取り扱いしている取引所のウォレットアドレスを管理画面に入力しておく必要があるようです。

実は、私もまだウォレットを登録していない状況で、これからどこの取引所のファイルコインアドレスを指定するか探す段階です。

以前の記事でお伝えした通り、ファイルコインマイニングは2種類のキャッシュポイントが用意されていますが、まだ本命(ストレージフィー)のほうは動き出していないため、通常のマイニング報酬のみとなっています。

私もIPFSの将来性にはかなり期待しているので、この投資は年単位の長い目で見ていきたいと思います。

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。