スイスが世界トップのタックスヘイブンへ

スイス政府は大規模な税制改革を実施しており、スイスの一部の州の税率を10%未満に下げる可能性があるようです。

タックスヘイブンとして多くの企業、富裕層の受け皿とされている香港からスイスに流れて、世界トップのタックスヘイブンになると
ブルームバーグが報告書を出しました。

 

スイスの法人税率は、税制改革が完全に実施された後、2025年に16.8%から約13.5%に低下しますが、個々の州がその地域の課税を管理しています。

ニートワルデン州の法人税負担は、2025年までに9.8%に低下する可能性があるとのことです。

スイスの首都ベルンの本拠地である州は、国内で最も高い税率ですが、それでもロンドン、ミュンヘン、ウィーン、パリ、ミラノよりも低く、近隣国の企業にとっては魅力的な地域となっています。

 

今タックスヘイブンとして利用されている香港の法人税率は、2008年に17.5%から引き下げられて以来16.5%のままとなっています。

つまり、今後スイスの一部の州の法人税率が9.8%に低下すれば、多くの企業が移転する可能性があるというのが今回のブルームバーグのレポートとなっています。

 

2019年版「世界の外国人にとって住みやすい街ランキング」ではスイスから7都市がランクインしており、その治安、住みやすさ、利便性、働きやすさなどあらゆる点で
世界でもトップクラスの評価を受けています。

永住権に関しても長期滞在などいくつかのノルマをクリアすれば比較的簡単に取れるので、今後日本からの移住が増えていくかもしれません。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。