Shield(XSH)が2倍近く上げた理由を解説

4月13日は多くの通貨が爆上げしました。

 

上げた理由の中の一つはこちらでしょう。

ヤフーの仮想通貨市場参入が正式に決まり、秋から仮想通貨取引所のサービスを開始

ブロックチェーンの新事業立ち上げや、ヤフーのアカウントとの連携も示唆されており、
いよいよ本格的に日本の大手企業の仮想通貨市場への参入が始まってきました。

 

このヤフーのニュースだけでなく、イスラム法でビットコインが容認された件や、アメリカの所得税申告が終わって売り圧力が低下した件、そしてロックフェラーやロスチャイルドなどの仮想通貨参入など、様々な好材料が揃ったため、久しぶりに仮想通貨市場に活気が戻ってきました。

 

2ちゃんや、SNSも仮想通貨に関するスレッドや話題が多く上がっており、暴落で仮想通貨取引から離れてしまった人たちも戻ってくるかもしれませんね。

 

そしてヤフーの仮想通貨取引所参入が正式に決まった件はテレビのニュースでも取り上げられていたので、新規の口座開設も増えてくることでしょう。

 

私も昨日は1日で数千万円評価額が戻りホッとしていますw

 

現在40近い通貨を保有していますが、その中でも特に上げたのがShield(XSH)です。

私のブログを去年から見ている人は知っていると思いますが、私は120万枚のホルダーで、100万円で買ったXSHが一時は5000万くらいになっていました。

そのXSHが昨日100%以上上昇し、1日で倍以上になりました。

 

どうやら、その原因はXSHが「Line」を使った日本発の仮想通貨決済に対応したというニュースによるものでした。

 

 

Lineと言えば、日本国内だけで7000万人以上ユーザーがおり、日本では生活において必要不可欠なツールになっています。

今や飲食店がクーポンを発行したり、企業がマーケティングに使ったりと個人だけでなく、事業者側も積極的に利用をし始めています。

 

そのLine上で、XSHの送金ができるようになるとのことです。

投げ銭に使ったり、店舗側で決済に利用したり、商品の売買に使ったりと様々な用途で利用できそうです。

 

実は、このXSHによるLineでの仮想通貨決済サービスはLineによる公式サービスでも、Shieldによるサービスでもありません。

XSHホルダーの有志達が集まって作り上げたサービスらしいですw

 

私もXSHホルダーですが、このようなプロジェクトが水面下で進んでいたとは全く知りませんでしたw

 

どのくらい浸透するかわかりませんが、もしかしたらこのXSHは大化けするかもしれませんね。

 

一部でLineが今年から始める仮想通貨取引所にも上場するのでは?との憶測がありますが、XSHは一応匿名通貨の部類なので日本の取引所での上場は難しいでしょう。

 

しかし、国内7000万人以上ユーザーがいるLineで、XSHが日常的に決済に使われるようになり始めたら、その価格も一桁二桁上がってくるかもしれませんねw

 

 

Shield(XSH)を購入できる取引所はこちらCoinExchange(https://www.coinexchange.io/)

右上のREGISTERから簡単に登録できます。

 

 

BITPOINT
全ペアの取引手数料が無料
のビットポイント

サッカー日本代表本田選手をイメージキャラクターに起用。24時間365日即時入金可能の今最も勢いのある取引所なので必ず開設しておいて下さい。数%かかる手数料が無料なので後々大きな差が出ます