年末にかけて重要な仮想通貨関連ワード8選

中村が選ぶ2018年末にかけて注目しておきたい仮想通貨関連のワードを8つ載せておきます。

それぞれの詳しい内容はまた後日記事にするかもしれませんが、この8つのワードは必ず覚えておいて下さい。

 

Bitcoin ETF

Cboeの申請中のビットコインETFの可否判断がSEC(証券取引委員会)によって遅くとも来年2月までに決定が下される。

 

Bakkt

Bakktとは米国企業ICE(インターコンチネンタル取引所)が新しく立ち上げた企業。スターバックスやマイクロソフトとは提携済み。デジタル資産のためのプラットフォーム

 

Jasmy

元ソニーの代表取締役である安藤氏が立ち上げた日本の企業。IoTデバイスとブロックチェーンを組み合わせた独自の技術で世界に挑戦する。すでに国内大手数社と提携が確定。

 

Nasdaq

世界最大のベンチャー向け株式市場。近年仮想通貨にも興味を示しており、DxExchangeに技術供与、そして仮想通貨取引所ジェミニとパートナーシップを発表。

 

Security token

セキュリティトークン(STO)。セキュリティとは(証券)を指します。今までのICOとは異なりSECなどの厳しい管理下の元に発行されるトークンです。

 

Link

LINEが発行する独自トークンBitbox上で取引できる他、Linkエコシステム上でも入手が可能。日本人向けには仮想通貨とは異なる「LINKポイント」を発行。

 

Perfect365(Kin)

ユーザー数が世界1億人以上の女性の美容向けプラットフォーム「Perfect365」で仮想通貨Kinが用いられることが決定。今後注目したい通貨。

 

楽天マーケティング

某仮想通貨と密接な関係。詳細は、また後日掲載予定

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能